TAP the NEWS

究極のラブソング後編〜ジョンとヨーコの出会い「天井の絵」〜

2014.12.14

Pocket
LINEで送る

究極のラブソング前編〜ジョンとヨーコの出会い「釘を打つための絵」(TAP the NEWSより)
ギャラリーを訪れたジョンは、『釘を打つための絵 Painting to Hammer a Nail』という作品に興味を示した。それは、真っ白なキャンバスと金槌が壁に飾ってあるだけのもので、見た人がキャンバスに釘を打つというユニークな作品だったという。

反戦の歌〜Give Peace a Chance〜(TAP the NEWSより)
1969年3月、共に前パートナーと離婚したジョンとヨーコは、ジブラルタル(スペイン・イベリア半島南端の英領)で結婚式を挙げ、そのままオランダのアムステルダムで、あの有名なパフォーマンス“ベッドイン”を行った。それは、世界各国を巡り報道陣を招待して、ベッド上から3日間インタビューに応じ、世界中に平和のためのメッセージを発信するという“アクション”だった。時代はべトナム戦争の真っただ中。二人は愛とユーモアに満ちたパフォーマンスで“戦争”に批判を浴びせた―――

♪「John & Yoko」/ジョン・レノン&ヨーコ・オノ


ヨーコ
ジョン
ヨーコ…
ジョン…
ヨーコ!
ジョン!
ヨーーーーコ!!!!!
ジョーーーン!!!!!
ヨーコ♡
ジョン♡
ヨーコ…
ジョン…

(22分41秒間続く)


ジョン・レノンとオノ・ヨーコ。
時間(タイミング)の前後は不明だが…二人の出会いには、もう一つの“作品にまつわるエピソード”が存在する。
同じく1966年11月9日。
場所も同じくロンドンのインディカ・ギャラリーでの出来事。
オープン前のヨーコの個展を訪れたジョンに“感銘”と“衝撃”を与えた作品があったという。

ギャラリーの一角にぶっきらぼうに置かれた、高さ2メートルほどの脚立。
ふと見上げれば天井から虫眼鏡がぶら下がっていた。
いったい何のための虫眼鏡なのか、虫眼鏡で見るに値する何かが天井に書かれているとでも言うのか…確かめるためには、その脚立を登らなければならない。
ジョンは登った。
そして彼は見つけた。
真っ白な天井に小さな文字で書かれた“YES”という言葉を。
それは『天井の絵 Ceiling Painting (YES Painting)』と名付けられた作品だった。

Ono-Yes_zps39fa1726
ジョンはその時のことをこんな風に回想している。

もし“No”とか“インチキ”みたいな意地の悪い言葉が書かれていたら、すぐに画廊を出て行ったよ。
でも“YES”だったから僕は「これはいけるぞ、心温まる気持ちにさせてくれる初めての美術展だ」と思ったよ。
僕はそこに書かれていた“YES”という1文字に救われたんだ。



それは、どんなことでも肯定的にものごとをとらえてゆく、ヨーコの作品を象徴する言葉だった。
すべてを肯定する“YES”の1文字。
ファンの間では、ジョンとヨーコの出会いを決定付けた記念碑的作品だとも云われている。

tumblr_lqlf5yeIe11qzdedmo1_500_zpsed4ba9c3
そして、ヨーコもまた当時のことをこんな風に回想している。

二人とも、とても感性が強くてね…直感的な人間だったんです。
だからね…二人がパッと会った時に、すぐ愛を感じていたんでしょうけれども…非常に抵抗も感じていたんです。
本当に愛するってことは、二人が溶けちゃうってことでしょ…。
一緒になっちゃうことでしょ…。
私たちが出会った1966年というのは、二人とも悩んでいる時期だったのよ。


当時オノ・ヨーコは、家族と共に移り住んでいたニューヨークからロンドンへと活動拠点を移したばかりで、環境の変化による不安やストレスを感じている時期だった。
一方、ジョンはというと「ビートルズは今やキリストより有名だ」という彼の発言によって始まった“ビートルズバッシング”と、コンサートのマンネリ化からライブ活動を停止してしまったため、暇をもてあます日々を送っていたという。
その上、ビートルズの存在自体が危ういものになりつつあり、ジョンは今後何をするべきなのか?模索していた日々でもあった…。

10-yokoono-yes_zps88b60bae
ヨーコがその作品に込めた“YES”は何に対する“YES”だったのだろう。
すでに前衛的な芸術家として、音楽ではジョン・ケージと絵画ではアンディ・ウォーホルといった最先端のアーティストと交流のあったヨーコ。
見た人が思い思いに釘を打っていく過程そのものを提示した作品にも見られるように、彼女の発想は斬新で独創的である。
彼女のこの“YES”は、すべての人への“YES”であり、同時にたった一人のための“YES”でもあるのかもしれない。
そもそも、その問いかけの内容さえも誰にもわからないし…特定の必要もない。

ジョン・レノン『Wedding Album』

ジョン・レノン
『Wedding Album』

(1969/ Apple Records)
1969年、ジョン・レノンの3枚目のソロアルバムを発表する。
それは『Wedding Album』と名付けられオノ・ヨーコとの共同名義のものとなった。
本作は結婚の模様を収めた“プライベートアート”といえる作品である。
A面の内容はジョンとヨーコがただひたすらに互いの名前を呼び合うだけのものだが、発売された当時「SEXの記録だ!!」などとも評された。


今週も前回に引き続き「あなたの知っている究極のラブソング」を紹介して下さい♪
皆様からのコメント欄への投稿をお待ちしております。
洋楽・邦楽・性別・世代を超えて“音楽と出逢う”歓びを、皆さんで分かち合いませんか?
「私ならこの一曲!」
YouTube動画のURLをコメント欄に貼付けて、歌詞の内容や選曲理由と共に「一曲」聴かせて下さい。
投稿方法がわからない方は、直接メッセージでご返信(メール投稿)下さい。
曲名/アーティスト名と選曲理由だけの投稿でもかまいません。
info@tapthepop.net
コメント欄の方へ代理投稿させていただきます。
宜しくお願い致します。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the NEWS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑