TAP the NEWS

I Wanna Be Your Man〜ジャガー/リチャーズ(グリマー・ツインズ)が作曲をはじめたきっかけ〜

2017.03.26

Pocket
LINEで送る


この「I Wanna Be Your Man(彼氏になりたい)」は、ローリング・ストーンズの2ndシングル曲として1963年11月1日にリリースされた。
クレジットには作詞・作曲レノン=マッカートニーと記されている。
同曲は1963年11月22日に発売されたビートルズの2作目のイギリス盤公式オリジナルアルバム『With the Beatles』にも収録された。
当時ストーンズのマネージャーだったアンドリュー・オールダムは、元々ビートルズのマネージャーのブライアン・エプスタインの下でビートルズのパブリシスト(宣伝係)をしていたという。
まだデビュー前のストーンズのステージを見ていたビートルズのメンバーから「君が彼らを売り出せばいい!」と薦められてオールダムはマネージャーに就くことになった。
1963年6月7日、ストーンズはチャック・ベリーのカヴァー曲である「Come On」でレコードデビューを果たす。
オールダムの指示でファンクラブの会員がシングルを購入し、彼らの記念すべきデビュー盤はイギリスのシングルチャートで21位までに上昇した。
オールダムは“次の一手”となる2作目のシングルをどうするべきか悩んでいる時に、ジョンとポールに偶然出くわしたという。
当時ストーンズにはオリジナル曲がなく、もっぱらお気に入りのブルースの曲などをカヴァーしていた。
なんとか売り出し中のストーンズにヒット曲(しかもストーンズらしい曲)を持たせたいと考えたオールダムは、ジョンとポールにストーンズへの楽曲提供を頼んだ。
早速ジョンとポールはスタジオでリハーサル中のストーンズのもとへ行き「君たち向きかもしれない」と言って、まだ未完成の曲をざっと弾いて聴かせたという。
するとストーンズのメンバーが口を揃えて「いいね!俺たちのスタイルだ!」と気に入っため、ジョンとポールはスタジオの隅にあった椅子に腰掛けて一時間もかけずにその曲を仕上げた。
その様子を見ていたミック・ジャガーとキース・リチャーズは、彼らの作曲能力に大変な感銘を受けたという。
そう、この日のことがきっかけとなって後に“ジャガー/リチャーズ(グリマー・ツインズ)”としてオリジナル曲を作るようになったのだ。
ミックはあるインタビューで当時のことをこう振り返っている。

「ポールとジョンの曲づくりは見事だった。かなり売れ線のメロディーだったし、売れっ子だった2人が快く俺たちに曲をくれたことが何より驚きだったよ。」


ビル・ワイマンもまた、その時のことをこう回想している。

「キースはビートルズの曲をやるなんて鼻高々だと喜んでいたよ!」


しかしジョンは、後にこんな発言をして音楽ファンを驚かせたという。

「あれは通行人に配るチラシみたいなものだったのさ。さっと書いてタダであげたんだ。ビートルズではリンゴが歌ったことは知ってるよね?当時、僕らが連中をどう見ていたかがわかるだろ?」



<参考文献『ジョンとヨーコ ラストインタビュー』デービッド・シェフ (著),石田泰子 (翻訳) 集英社>

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the NEWS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑