TAP the NEWS

白雪姫の毒リンゴ〜泉谷しげるのデビューアルバムの1曲目を飾った“ディラン風”の名曲

2018.05.13

Pocket
LINEで送る

「1971年頃だったかな…渋谷に“青い鳥”っていう、いわゆる今でいうライブハウスの前身みたいな所があったんだ。昼は喫茶店で、夜は生演奏をやっている感じ。当時俺は通いつめててね。そこで初めてRCサクセションと古井戸を観たんだ。とにかく強烈だった。RCと古井戸はね!凄まじかったね!それまで岡林信康とか高石友也を観て凄いなとか思っていたけれど、あの程度なら俺でもやれるだろうと、どっかで高をくくっていたわけ。でもRCはそう簡単にいかねぇなって思ったもんな。アコースティックでありながらロックなわけよ!ウッドベースなんかスリリングで、すんげぇソウルフルなんだよ!でさぁ、客に対する態度が悪いわけ(笑)可愛い顔してるのに、客を客とも思わないあの態度(笑)その辺も気持ちよくてね。」

1970年代初頭、日本では安保闘争・学生運動の熱が少しずつ冷めてゆく中、一部の若者たちの間には得も言われぬ敗北感と挫折感が漂い始めていたという。
そんな中、泉谷しげるのデビューアルバム『泉谷しげる登場』(1971年)が発売される。
本作は目黒区杉野講堂で開催されたコンサートの模様を収録したライブ盤だ。
スタジオレコーディングした作品ではなく“ライブ”にこだわってデビューを果たした泉谷は、当時の音楽シーンに鮮烈な爪痕を残した。


A面の1曲目を飾ったこの「白雪姫の毒リンゴ」は、まさに若き日の泉谷しげるを象徴する名曲として今もファンから愛され続けている。
作詞作曲は泉谷本人によるものではなく、門谷憲二(かどやけんじ)という長崎県出身の作家・作詞家が手掛けたものだった。
門谷は早稲田大学中退後、1971年にライブハウス(青い鳥と推測されている)で偶然出逢った泉谷しげると共に音楽制作集団“サイクル・ギス”を設立し、その事務所の代表を務めた人物である。
泉谷の他に仲井戸麗市“チャボ”が在籍した古井戸や、佐藤公彦“ケメ”が在籍したピピ&コットといったアーティストを抱えてマネージメント業をスタートさせる。
事務所設立直後に才能あふれる彼らのデモテープを製作したところ、自身も作詞作曲家としてエレックレコードに認められる。
現在まで1000曲を越える作品を残しており、2014年にはミステリー作家としてもデビューを果たしている才人なのだ。
この楽曲について泉谷はあるインタビューでこんなことを語っている。

「門谷も最初は自分で歌ってたりしてたんだけど、全然ダメでね(笑)そのうち人に曲を書くようになっていったわけ。当時は俺も曲がなかったから“まぁいいか”って感じで歌ってたんだけど、だんだん好きになってしまってね(笑)」

むなしいむなしいとつぶやいても また明日もむなしいだけ
空に浮かんでる白い雲も 今ではなにもこたえてくれない
強く弱く 弱く強く ひざをたたいてみれば   
あー なんだか生きてる証のような むなしい痛みを感じるよ
おお 僕たちに今一番必要なものは あつい恋や夢でなく   
まぶしい空から降ってくる白雪姫の毒リンゴ

生きてるほど くだらないことはないと 街の女が笑ってみせりゃ
五月の緑も色あせるほどに ぼくの心に雨が降る
雨、雨、降れ降れ母さんが 蛇の目でお迎えうれしいと  
なんにもわからず生きてきたけれど 今でもなにもわかっちゃいない
おお 僕たちに今一番必要なものは あつい恋や夢でなく   
まぶしい空から降ってくる白雪姫の毒リンゴ


童話の中の白雪姫は継母(グリム童話初版本では実母)である王妃に何回も殺されかけ、とうとう毒リンゴを食べさせられて死んでしまう。
7人の小人たちが登場して物語が展開してゆき…最後には王子に助けられて白雪姫は息を吹き返す、という物語だ。
この曲で門谷が毒リンゴに喩えて描こうとしたものは何なのだろう?
泉谷はその謎めいた歌詞が気に入ったのだという。

「何て言うのかな…肝心な答えを“白雪姫の毒リンゴ”なんていう変な象徴にすっ飛ばしてた所が凄く気に入ったんだ。要するに直線的なようで全然直線的でないという面白さがあってさ。ハードな問題を歌っていながら、その回答はどっか他に…ディランじゃないけど、そういう所が好きだったね。歌詞が俺の体質に合っていたんだ。」


この歌が生まれて約50年の歳月が流れようとしている。
昭和から平成へ…そして今、平成から新しい元号へと変わろうとしている。
50年前に比べると、暮らしは便利になり、物や情報が溢れている現代社会。
どんなに生活が豊かになっても、お金や物では量れないものもある。
僕たちに今一番必要なものは?
この歌の中に大切な何かが見え隠れしているような気がする… 

宝石のような涙をさげて おまえは泣いていた
きれいな夢を追いかけてるから おまえはいつも傷つくのさ
それでいいのさ いいじゃないのさ まったく見上げたもんだよ   
ああ 心ひとすじにうちこめる そんな時代はないのです
おお 僕たちに今一番必要なものは あつい恋や夢でなく   
まぶしい空から降ってくる白雪姫の毒リンゴ

おお 人生よ 僕に語りかけて おまえには僕が必要なんだと   
そして僕は 答えるだろう ぼくにはおまえが邪魔なのさ
おお 僕たちに今一番必要なものは あつい恋や夢でなく   
まぶしい空から降ってくる白雪姫の毒リンゴ


<参考文献『わが奔走—IT’S MY LIFE』泉谷しげる著(ロックキング・オン)>

■関連コラム『世をすねた獣みたいに片隅にうずくまり、丸く肩をすくめて、うらめしそうにしていた泉谷しげる』(佐藤剛)
http://www.tapthepop.net/extra/39359



Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the NEWS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑