TAP the NEXT

ダーティ・ループス

2014.11.03

Pocket
LINEで送る

きっかけは〈演奏してみた〉動画だった。

ストックホルムにて2009年に結成された、ダーティ・ループス。スウェーデンの王立音楽アカデミー在学中からプロのセッション・ミュージシャンとしても活動していたという3人は、レディー・ガガ「Just Dance」やアデル「Rolling In The Deep」、ジャスティン・ビーバー「Baby」などの有名曲の数々を自己流にアレンジしたパフォーマンス動画をネット上に公開。すると圧倒的な演奏力と斬新なアレンジが話題となり、爆発的な再生回数を記録。その動画がきっかけとなり、彼らのセンスに惚れ込んだのがデイヴィッド・フォスター。名門〈Verve〉の会長となったフォスターは、ダーティ・ループスと契約を結び、彼らをレーベルに迎え入れた。

そして2014年、初のフル・アルバム『ダーティ・ループス(原題:loopfied)』が完成。スティーヴィー・ワンダーを彷彿させるヴォーカル/キーボード、ジョナの伸びやかな歌声は突き抜けるほどに爽快。そしてベースのヘンリック、ドラムのアーロンの超絶リズム隊を基軸にした盤石のバンド・サウンドに加え、ホーン・アレンジにマイケル・ジャクソンの作品を筆頭にクインシー・ジョーンズとの仕事ぶりで知られるジェリー・ヘイを迎えるなど、力強いサポートも得て制作された本作。ファンク、ジャズ、リズム&ブルース、エレクトロ、80’sポップスなど多岐に渡る音楽的バックグラウンドをフュージョンしながら、一方でEDMなど最新のダンス・ミュージックへの目配せを利かせ、今の時代だからこそ生まれるフレッシュなポップ・ミュージックを生み出している。

11月26日から開催される、バンドとしては初の日本ツアーを前にリリースした『ダーティ・ループス~コンプリート・エディション~』には、アルバム『ダーティ・ループス』本編に加え、彼らが有名になるきっかけとなったカバー曲の数々と、オリジナルの新曲を追加収録。ジャケットには『ジョジョの奇妙な冒険』で知られる荒木飛呂彦による描き下ろしイラストを起用。本作に収録される新曲のひとつ「ホエアズ・ザ・ビート」は荒木作品ファンでもあるダーティ・ループスが、彼の作品にインスパイアを受けて作られたものだという。〈完全版〉となるアルバムを引っさげての来日ツアー、その内容は大いに期待していいだろう。


ダーティ・ループス『ダーティ・ループス~コンプリート・エディション~』

©LUCKY LAND COMMUNICATIONS / 集英社

ダーティ・ループス
『ダーティ・ループス~コンプリート・エディション~』

(ユニバーサルミュージック)


Dirty Loops official website
http://www.universal-music.co.jp/dirty-loops/
http://www.dirty-loops.com/

Dirty Loops「Hit Me」 MV
Dirty Loops「Wake Me Up」 MV
Dirty Loops「Baby」 (Justin Bieber cover)
Dirty Loops「Rolling In The Deep」 (Adele Cover)

ダーティ・ループス
“ヒット・ミー” ジャパン・ツアー 2014

11月26日(水)東京・豊洲PIT
11月27日(木)愛知・名古屋ダイアモンドホール
11月28日(金)大阪・なんばHatch
http://www.dl-japantour.com/

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the NEXT]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑