「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the NEXT

HARCO

2015.05.04

Pocket
LINEで送る

ポケットのなかのレンズを片手で転がしながら
四角い街を丸く切り抜きそのなかで君を探した
(「カメラは嘘をつかない」より)



シンガー・ソングライター/マルチプレイヤー青木慶則のソロ・ユニットとして、1997年より活動を続けるHARCO(ハルコ)。ヒット曲となった「世界でいちばん頑張ってる君に」をはじめとするCM音楽の作曲や歌唱、GOING UNDER GROUNDのサポートなど多くのミュージシャンたちとのコラボレーション、「みんなのうた」などテレビ番組への楽曲提供や映画音楽の制作など多岐に渡る活躍をみせる彼は、音楽活動の傍らエコや環境問題に対してのアクションも積極的に行っており、昨年には被災地を支援するチャリティーのためのミニ・アルバム『南三陸ミシン工房のうた』を発表した。日々の暮らしに根差した音楽表現やメッセージを、軽やかなアプローチで伝えることのできる稀有なミュージシャンの一人でもある。そんな彼の、オリジナル・フル・アルバムとしては5年ぶりとなる『ゴマサバと夕顔と空心菜』が完成した。

ラオスで撮影されたPVにも注目のタイトル曲からはじまる本作は、20年近いキャリアが培ったポップ・センスを凝縮したような「カメラは嘘をつかない」、堀込泰行(ex.キリンジ)・杉瀬陽子・HARCOの3人で、リレー形式で共作していったという「口笛は春の雨」、あがた森魚の「つめたく冷やして」をあがた本人をゲスト・ボーカルに迎えたカバーなどを収録。レコーディングにはその他に、中森泰弘(HICKSVILLE)、伊藤健太(ex.ゲントウキ)らも参加。ジャズとポップスをクロスオーバーさせた前作『Lamp & Stool』から一転して、楽曲ごとに多様な表情を見せるカラフルな作品となった。

6月3日には『みんなのうた』で6〜7月期の楽曲となった書き下ろしの新曲「ウェイクアップ!パパ!」を収録した、子どもに向けた楽曲集『Portable Tunes 2 -for kids&family-』のリリースも決まっているHARCO。1児の父となり、今年40歳という節目を迎える彼は、ポップス職人としてさらなる充実期を迎えようとしている。


HARCO『ゴマサバと夕顔と空心菜』

HARCO
『ゴマサバと夕顔と空心菜』

(witz/ポリスター)



HARCO official website
http://www.harcolate.com/


HARCO「カメラは嘘をつかない‬」 MV
HARCO「‪ゴマサバと夕顔と空心菜‬」 MV


Live Schedule
アルバムリリース記念・東名阪バンドツアー『ゴマサバと空心菜と雲呑と烏龍茶』

6月5日(金)大阪・心斎橋 Music Club JANUS
6月7日(日)愛知・名古屋 TOKUZO
6月13日(土)東京・吉祥寺 Star Pine’s Cafe

ゴマサバツアー 2015 春の関東編「春巻と雲呑」
5月17日(日)神奈川・鎌倉 moln
5月23日(土)栃木・那須塩原 TorittOcca
5月24日(日)千葉・千葉 gris souris

詳細はHARCO official websiteをご参照ください。

Pocket
LINEで送る

関連するコラム

[TAP the NEXT]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ