TAP the NEXT

ヤング・ガン・シルヴァー・フォックス──70年代西海岸サウンドへの憧憬に満ちた、現在進行形のAOR

2015.11.16

Pocket
LINEで送る

日本でもライブを行い、高い評価を集めたUKのソウル・バンド〈ママズ・ガン〉。以前、本コーナーでも取り上げたこともあるこのバンドでフロントマンとして活躍するアンディ・プラッツ。LAを拠点に活動するマルチ・ミュージシャン=ショーン・リー。才気あふれる二人が結成した新ユニットが、今回紹介する〈ヤング・ガン・シルヴァー・フォックス〉だ。

アンディはママズ・ガンのソングライティングのみならず、コリーヌ・ベイリー・レイ他のミュージシャンにも楽曲提供していて、幾度もチャート1位を獲得。山下智久やEvery Little Thingなど日本のアーティストにも多くのアーティストの楽曲も手がけている。一方ショーン・リーもミュージシャン/ソングライター/プロデューサーと多彩な仕事ぶりで知られ、トミー・ゲレロやエイミー・ワインハウス、ジェフ・バックリィ、ケリスなど名だたるアーティストと仕事を重ねてきた。

二人の共通点となったのが、70年代西海岸サウンドへの憧憬。インターネット上でサウンドのデータをやりとりしながら完成させていったという初アルバム『West End Coast』は、ソウル、ロック、AOR、フュージョンなど重層的なバックグラウンドに裏打ちされたメロディアスなソングライティングと豊穣なアレンジメント、そして愛してやまない名盤・名曲へのオマージュを感じさせるサウンドへのこだわりをもって、ジェントルなポップスへと仕立てあげられていく。アンディの伸びやかなハイトーン・ボイスを軸にした、流麗なハーモニーも実に心地よい。

スティーリー・ダン、ホール&オーツ、エアプレイ、ネッド・ドヒニー、ボズ・スキャッグスあたりの名作を想起させながら、アップ・トゥ・デートな風通しの良さも感じさせる『West End Coast』。往年のAORファンから、シティ・ポップを現在の感覚で楽しむ若いリスナーまでを満足させる充実の作品となった。


ヤング・ガン・シルヴァー・フォックス『West End Coast』

ヤング・ガン・シルヴァー・フォックス
『West End Coast』

(P-VINE)


ヤング・ガン・シルヴァー・フォックス official website
http://p-vine.jp/artists/young-gun-silver-fox
https://www.facebook.com/younggunsilverfox/

ヤング・ガン・シルヴァー・フォックス『You Can Feel It』 MV
ヤング・ガン・シルヴァー・フォックス『West End Coast』 Album Sampler

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the NEXT]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑