TAP the NEXT

ALL GOOD SKA is ONE──東京スカパラダイスオーケストラが世界のスカを紹介していく新シリーズ

2015.12.21

Pocket
LINEで送る

デビュー25周年を超え、ますますその活動に拍車がかかる東京スカパラダイスオーケストラ。彼らは日本国内の人気の高さはもとより、今やヨーロッパ、アメリカ、中南米、アジアなどなどを各地を飛び回りライブを行っては世界中のオーディエンスたちを熱狂の渦に巻き込み、彼らのオリジナルな〈TOKYO SKA〉を広く知らしめてきた。

そんな東京スカパラダイスオーケストラが主宰するレーベル〈JUSTA RECORD〉より、世界各地で活躍する現役スカ・バンドの素晴らしい作品の数々を紹介していくシリーズ〈ALL GOOD SKA is ONE〉が新たにスタートした(ちなみにこの名前はスカパラの同名曲からつけられている)。シリーズ第1弾としてリリースされるのは、20年以上に渡って活躍し続けるNYスカ・シーンの顔役=スラッカーズ。そして、西海岸を拠点に活動するオーガニックなサウンドでスカを奏でるクリス・マーレイ・コンボの2組。ともにスカパラとは一緒にツアーを回った経験もあるバンドだ。

slackerscharacters copy copy
スラッカーズは、1991年にNYで結成。ランシドのティム・アームストロングのレーベル〈HELLCAT〉をはじめ、いくつかのレーベルからコンスタントに作品を発表し続け、これまでに7枚のオリジナル・アルバムをリリース。日本をはじめ世界中をツアーで行い、各地に熱狂的なファンを抱えるベテラン・バンドだ。

リード・ボーカルも務めるキーボードのヴィックが中心となって手がけるソングライティングは、スカ/レゲエのリズムを基調としながら、ビートルズにも通じるキャッチーなメロディラインが魅力。その太い幹にリズム&ブルースやジャズ、スウィングなどをミックスさせて生まれる〈ジャマイカン・ロックンロール・サウンド〉と呼びたくなるような、エモーショナルな音楽を聴かせてくれる。最新作『The Slackers』は、通算8枚目ながら自らの名前を冠したオリジナル・アルバム。原点回帰するかのようにスカ/レゲエに真正面から向き合いながら、20年以上に渡って培ってきた豊穣なバンド・サウンドで、スカ・ミュージックの可能性をさらに広げる作品に仕上がっている。

cmc-thth
もう一組リリースされるのが、クリス・マーレイ・コンボ。カナダにて人気を博していたキング・アパラタスの解散後、米西海岸に拠点を移し、アコースティックギターの弾き語りソロとして活動を開始。4トラックの簡素なレコーダーで多重録音されたローファイなサウンドが妙な味わい深さをもったアルバムで注目を集める。スペシャルズやローレル・エイトキン、デスモンド・デッカーなどとの共演も果たした彼は、その後ソロと並行して、ベースとドラムを加えたミニ・コンボ・スタイルでの活動もスタート。フジロックへの出演を筆頭にこれまでに数回来日ライブも行っており、スカ/レゲエのファンはもちろん、オーガニック・ミュージックやサーフ・ミュージック・シーンなど幅広いリスナー層から高い人気を誇っている。

最新作『Buckle Up』は、自身の作品としては6年ぶり、コンボ・スタイルでは7年ぶりとなるオリジナル・アルバム。ちょっと嗄れたクリス・マーレイの歌声と一発で耳に馴染むメロディ。そしてアコースティック・ギターの裏打ちリズムを基に、トリオ編成の自由な柔軟さを活かしながら、豊かな発想を随所に感じさせるアンサンブルでスカ/アーリー・レゲエ/ロックステディを奏でていくクリス・マーレイ・コンボの音楽は、スカやレゲエはこれだけシンプルな要素だけで成立するものなのだと、聴くたびに新たな発見を感じさせてくれる。

今回リリースされる2組以外にも、世界各地にはスカやレゲエをベースに素晴らしい音楽を聴かせるバンドやアーティストたちがたくさん存在する。ALL GOOD SKA is ONEの名の下に、数多くの名作が紹介されていくことに期待したい。

スラッカーズ『The Slackers』

スラッカーズ
『The Slackers』

(Cutting Edge/JUSTA RECORD)


クリス・マーレイ・コンボ『Buckle Up』

クリス・マーレイ・コンボ
『Buckle Up』

(Cutting Edge/JUSTA RECORD)


ALL GOOD SKA is ONE Facebookページ
https://www.facebook.com/ALLGOODSKAisONE/


スラッカーズ『The Slackers』 Trailer

クリス・マーレイ・コンボ「When Your Someday Come」 MV

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the NEXT]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑