TAP the NEXT

ショピン

2014.03.10

Pocket
LINEで送る

絵本を開いては、のめり込むようにおとぎの世界の中に没入していく──ショピンが奏でる音楽は、幼い頃のそんな気持ちを思い出させてくれる。

現在も「ビーフストロガノフ」という彼らの楽曲が、NHK『みんなのうた』に採用されるなど、注目度もますます高まっているショピンは、SAKEROCKのメンバーとして活動していた田中馨、ヒネモスのタカハシペチカ、コケストラの野々歩により、2006年に結成。内田武瑠(ex GoodDogHappyMen)が2011年に加入後初となる、5年ぶりのフル・アルバム『猫のいる音楽』が完成した。

イラストレーター/絵本作家のすぎはらけいたろうによる、32Pの絵本仕立てブックレットも楽しい『猫のいる音楽』は、イノセントな歌声でCMソングなどでも多く起用される野々歩のボーカルと、アコースティックの楽器に加えて、バグパイプをはじめとする民族楽器、さらにはおもちゃやガラクタ、スタジオに入ってきた猫の鳴き声までも音楽に変えていく、にぎやかでカラフルなサウンド。その音の背景からは、アイリッシュやブリティッシュフォークあたりの影響も感じさせる。一聴するとメルヘンの世界を描いてるようでいながら、現実の世界を独特の視点で切り取っていたりと、ハッと気付かされる場面の多いショピンの音楽は、まさにすぐれた童話のように子どもから大人までじっくりと楽しめる、普遍的な強度を持った音楽だ。

nekonoiruongaku
ショピン『猫のいる音楽』
ピョードル社(3月12日発売)

ショピン official website
http://www.chopiiin.com/

ショピン「花の下の人々」
ショピン ワンマンライブ ダイジェスト2012年 原宿VACANT


ショピンのツアー「猫のいる音楽のある旅」
4月5日(土)仙台 Cafe Mozart Atelier
4月6日(日)盛岡 岩手県公会堂 21号室
4月25日(金)名古屋 spazio-rita
4月26日(土)高知 アジア食堂 歩屋
4月27日(日)大阪 Dig me out
5月24日(日)東京・立川 ロバハウス
5月31日(土)長野 茅野市民会館イベントスペース
6月1日(日)金沢 もっきりや

ショピン×キチム共同企画「猫のいる万博」
3月12日(水)〜26日(水) 東京・吉祥寺 キチム

すぎはらけいたろう×ショピン「猫のいる展覧会」
4月16日(水)〜27日(日)大阪 Dig me out


詳細はショピンの公式ウェブサイトをご確認ください。
http://www.chopiiin.com/
http://www.chopiiin.com/special/banpaku/

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the NEXT]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑