「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

今月のPICK UPコラムTAP the NEXT

蠣崎未来──静かな情熱を湛えた無二の歌声、注目のシンガー・ソングライターのデビュー作

2018.06.19

Pocket
LINEで送る

穏やかな日々流れる この街は
これからも変わることなく 変わってゆくでしょう

移ろいゆく景色も 香りも優しく包んでくれるから
いつもより顔をあげて この道ゆっくり歩こう

ここにくるといつも 君に会える気がするから
いつも以上に心躍らせて この道ゆっくり歩こう
(「君といると」より)



岐阜県出身、現在29歳の蠣崎未来(かきざき・みく)。深く滋味あふれる歌声の弾き語りで全国を巡り、各地に熱狂的な支持者を増やしている注目のシンガー・ソングライターが、待望のファースト・フル・アルバム『路傍の唄』を発表した。

人前に出ることが苦手で、高校を卒業するまで音楽に触れる機会がほとんどなかったという彼女だが、大学に入ってサークルの先輩から教わったソウル・ミュージックとの出会いによって、音楽への扉が開かれた。

最初はギターも弾けなかったという彼女だが、ダニー・ハサウェイやルイ・アームストロング、さらには大貫妙子や浅川マキ、フィッシュマンズと、さまざまな曲を弾き語りでカバーしては、人前でも歌いはじめた。弾き語りの練習として楽器に触れているうち、自然とオリジナルの曲も浮かんでくるようになった。ちなみに初めて作ったオリジナル曲が、アルバム『路傍の唄』の1曲目にも収録されている「君といると」。



4年ほど前に生まれたこの曲をはじめ、彼女が作る歌は、自身の経験や対象人物への思い入れが赤裸々に表れたものだという。しかし、その表現は決して感情がむき出しになったような印象はなく、やさしい距離感を保ちながら静かに情熱を捧げるような、独特のタッチが心を揺さぶる。

2016年リリースの弾き語りライヴ盤『蠣崎未来 LIVE 2016』を経て、活動6年目にして完成した初のオリジナル・アルバム『路傍の唄』は、彼女が全幅の信頼を寄せる大阪のバンド〈ROBOW〉が奏でる、マッスル・ショールズを彷彿させるバンド・サウンドを中心に、彼女の本領である弾き語り曲も含む9曲を収録。自作曲に加えて、リーテソン、阿部芙蓉美といった面々が楽曲を提供し、蠣崎未来の歌世界を広げている。

一聴すると、これがデビュー作とはにわかに信じがたい、蠣崎未来『路傍の唄』。まるで20年、30年と愛され続けた不朽の名盤のような、豊かな余韻を味わわせてくれる。

ガラス戸越しに流れる車の姿を見て
味気ないと思ってた
ここに来るまでは

コンビニまでアイスコーヒーを買いに行くだけの
短い往復の時間をやけに気に入ってる

あなたはまるで
路傍の花よう

置き手紙をいつも添えていきたくなるような人
(「路傍の唄」より)



蠣崎未来『路傍の唄』

蠣崎未来
『路傍の唄』

(MULE RECORDS)




Live Schedule
6月23日(土)東京・西荻窪 Bar Frida (w/信國美乃里と黒いパセリ、down-home)
7月4日(水)京都・京都 磔磔
7月5日(木)大阪・天満 フラットフラミンゴ
7月6日(金)兵庫・神戸 チェルシーでルンバ
7月11日(水)東京・代々木 Zher the ZOO YOYOGI(w/沖ちづる、堕落モーションFOLK2)
7月14日(土)三重・四日市 ドレミファといろは
7月15日(日)愛知・今池 あらたると
7月22日(日)大阪・心斎橋 Live bar 酔夏男
8月1日(水)神奈川 BBストリート
8月3日(金)福島
8月4日(土)宮城
8月5日(日)山形
8月13日(月)大阪
8月14日(火)京都
8月16日(木)京都
8月17日(金)兵庫
8月21日(火)愛知
8月26日(日)大阪


official website
http://www.kakizakimiku.com/

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[今月のPICK UPコラム]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ