「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the NEXT

MORE THE MAN──冷牟田竜之率いるスカ・バンド、豪華ゲストが多数参加した2ndアルバム

2019.04.22

Pocket
LINEで送る


井上富雄(ルースターズ)らと結成した〈blue tonic〉、そして日本を代表するスカ・バンド〈東京スカパラダイスオーケストラ〉のメンバーとしての活動で知られ、またDJやプロデューサーとしても活躍する冷牟田竜之。

2008年に東京スカパラダイスオーケストラを脱退後、〈DAD MOM GOD〉や〈THE MAN〉など、自身がリーダーとなってバンドを立ち上げてきた彼が、2016年に結成したスカ・バンドが〈MORE THE MAN〉だ。若手ミュージシャンを中心したメンバーによるすぐれた機動力で、各地のフェスやライブハウスで精力的な活動を行ってきた彼ら。2017年に発表したファースト・アルバム『Reaper』から約2年ぶりとなるアルバム『Eyes Wide Shut』を完成させた。

2016年からライブをサポートしてきたサックス奏者の元晴(元SOIL & “PIMP” SESSIONS)とトロンボーンの小池隼人が正式加入し、現在は7人編成で活動しているMORE THE MAN。レコーディングにはトランペットのOhyama ”B.M.W.” Wataru(元PE’Z。現在はBimBomBam楽団で活躍中)らがゲスト参加し、よりパワフルになったバンド・サウンドで縦横無尽に暴れまわる。

ルーズなファンク「Lonely Wolf」で妖しげに幕を開ける本作は、百々和宏(MO’SOME TONEBENDER)をフィーチャーした昭和歌謡テイストの高速スウィング「バタフライ」、冷牟田の真骨頂といえるロック濃度高めのスカ「Smash」、スキンヘッド・レゲエ調の「Upset the Revolt」などのアクの強いオリジナル曲が光る。さらに、最近TH eROCKERSを本格的に再始動させた俳優の陣内孝則をフィーチャーし、黒田節を大胆にアレンジした「SKA-KURODABUSHI」や、映画「タクシー・ドライバー」のテーマ曲のクールなダブ、オールマン・ブラザーズ「Jessica」を軽快なスカ・パンクで換骨奪胎、さらには百々和宏が再登板して西城秀樹の「ギャランドゥ」を蘇えらせるなど、自由奔放なカバー・センスが炸裂している。

また、Yellow Studsのボーカル野村太一を迎えて同バンドの「さえずり」を取り上げたり、冷牟田がかつて在籍した東京スカパラダイスオーケストラの隠れた名曲「レモンドロップス」のセルフ・カバーなど、切れ味鋭いナンバーが詰まった全12曲。この濃密なアルバムを引っさげてのツアーは、さらに男臭い迫力満点のパフォーマンスを味わえるはず。MORE THE MANの動向からは、まだまだ目が離せない。

MORE THE MAN『Eyes Wide Shut』

MORE THE MAN
『Eyes Wide Shut』

(Taboo Record)



MORE THE MAN LIVE TOUR 2019 SMASH!
4月26日(金)福岡・DRUM Be-1 ゲスト:伊藤ふみお(KEMURI)
4月27日(土)熊本・NAVARO
4月28日(日)宮崎・LIVE HOUSE ぱーく
5月10日(金)京都・KYOTO MUSE ゲスト:奇妙礼太郎
5月12日(日)香川・高松DIME
5月17日(金)長野・伊那GRAMHOUSE
5月18日(土)愛知・伏見JAMMIN ゲスト:野村太一(Yellow Studs)
5月19日(日)石川・THE MAT’S ゲスト:百々和宏 (MO’SOME TONEBENDER)
5月31日(金)東京・渋谷REX ゲスト:百々和宏 (MO’SOME TONEBENDER)、野村太一 (Yellow Studs)

other live schedule
ニクオン2019
5月25日(土)東京・錦糸公園特設ステージ(入場無料)


official website
http://more-the-man.jp

Pocket
LINEで送る

関連するコラム

[TAP the NEXT]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ