Special

デヴィッド・ボウイ特集

既存の枠にとらわれず、新しい表現に挑み続け、ロックシーンに変革をもたらした生粋のアーティスト、デヴィッド・ボウイ。『TAP the POP』ではこれまで、様々な角度からデヴィッド・ボウイにまつわるコラムを掲載してきました。

Special

ジョー・ストラマー特集

ジョー・ストラマーがクラッシュのフロントマンとなったのは、ロンドンでパンクが大きなムーヴメントとなりつつあった1976年のことでした。真剣に音楽で世界を変える、という強い信念と野望とともに、バンドはイギリスを代表するバンドの一つにまで成長していきます。

TAP the NEWS

大切なものを繋ぐ歌〜L-O-V-E〜

♪「L-O-V-E」/美空ひばり “L”と書いたらLook at me “O”とつづけてO.K. “…

季節(いま)の歌

夏の終りの歌〜Lonely Summer Nights〜

8月31日です。 すっかり秋の気配を感じる今日この頃ですね。 今回は、夏の終りにふさわしい一曲をご紹介します。 1980年代に活躍したアメリカのネオロカビリーバ…

月刊キヨシ

アメリカの壁に挑んだゲイ・カップルの勇気 「チョコレートドーナツ」

気のいいドラッグ・クイーン、ルディ(アラン・カミング)は、日銭かせぎのしがない暮らし。 ある日ひやかしで店を訪れたひとりの男、ポールと恋におちる。 どうやら今度…

Extra便

” 変な歌 ”を構成するふたつの要素を、完全に満たしていた平山三紀「真夏の出来事」

流行歌の世界では、ときどき変な歌が突然現れてヒットすることがある。 《変な》というのは、言いなおせば《変に新しい》――つまり、いままであまり聴いたことのない曲想…

TAP the SONG

息苦しい時代が到来して来た今、星野源たちが「スーダラ節」を歌い継ぐことで何かが変わるか?

2011年7月30日、フジロック二日目のリハーサルが始まったアヴァロン・ステージでは、星野源が「リハだけどご一緒に!」と声をかけて「スーダラ節」が始まった。 そ…

Extra便

630億円を得たラッパーと年収117億円の歌姫〜今旬のミュージシャンはいくら稼ぐ?

毎年夏になると発表される、アメリカの経済誌Forbesの「Celebrity 100」。 ──これは世界のエンターテイナーの収入、ネットやソーシャルで話題になっ…

TAP the COLOR

ルーツ・ミュージックの色〜ザ・バンドほか

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第44回 カントリー、ブルーグラス、フォーク、ブルース、ゴスペルとい…

TAP the LIVE

ボブ・ディラン~引退を思いとどまらせたロカルノでのコンサート

1987年7月、グレイトフル・デッドとのツアーの中で歌い方を変え、力を取り戻したディラン。 (詳細はこちら【TAP the LIVE】ボブ・ディラン~年配のジャ…

TAP the NEXT

エマーソン北村

彼方と此方、未来と現在、現在と過去、あなたとわたし──『遠近(おちこち)に』と名付けられた、このインストゥルメンタルの掌編集は、さまざまな「距離」が生み出す物語…

TAP the NEWS

愛に溢れた歌〜First Day Of My Life〜

♪「First Day Of My Life」/ブライト・アイズ これは僕にとって“人生の最初の日” 神様に誓うよ 僕は玄関で生まれたんだよ 雨の中に飛び出して…

TAP the STORY

マーク・ノップラー(ダイアー・ストレイツ)〜寂れたパブで見る夢

僕はいつだって、困難な状況の中で自分を表現する方法を見つけられる人に惹かれてきた 1977年前半、27歳のマーク・ノップラーは彼自身もその方法を見つけようともが…

TAP the SONG

トーキング・ブルースのアイデアから生まれた、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」

ダウン・タウン・ブギウギ・バンドは1974年の暮れに出した「スモーキン・ブギ」がヒット、続く「カッコマン・ブギ」のB面曲だった「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」…

TAP the ROOTS

エスケイプ~短編小説のような詩の世界

時代はSNSである。 見ず知らずの誰かと誰かを、ネットワークが繋ぎ、新たな出会いが生まれる。 だが、そんな世界を1970年代の最後に歌った男がいる。 ルパート・…

TAP the COLOR

70年代カリフォルニアのブルー〜ジャクソン・ブラウンほか

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第43回 今回は1970年代のカリフォルニアサウンドからジャケット写…

TAP the LIVE

ボブ・ディラン~年配のジャズ・シンガーから受け取った天啓

1985年9月、ウィリー・ネルソンやニール・ヤングらによって開催された、農家を支援するチャリティー・コンサート、ファーム・エイド。 そこで共演したボブ・ディラン…

TAP the NEXT

くもゆき

I see you , You see me たわいもないこと 話しながら 眠たくなってきたなら 眠ってもいいから 子どもの頃の話を聞かせて これから始まる 未…

TAP the NEWS

心に刺さる歌〜So〜

♪「So」/高木フトシ 高木フトシというシンガーソングライターをご存知だろうか? 2006年に惜しまれながら解散した“和製ニルヴァーナ”と云われたバンド、HAT…

Extra便

くるりの「Liberty & Gravity」に受け継がれた”変な歌”、春日八郎の「お富さん」

日本の3大ビート・ソングといえば、発表順に笠置シヅ子の「東京ブギウギ」、春日八郎の「お富さん」、それに坂本九の「上を向いて歩こう」の3曲だろう。 「東京ブギウギ…

TAP the SONG

ANY DAY NOW、いつの日にか いつの日にか 自由に歌えるさ

東京のシネスイッチ銀座で4月19日に公開された映画『チョコレートドーナツ(原題・ANY DAY NOW)』は、連日満席のヒットとなり、評判が口コミで伝わって拡大…

TAP the ROOTS

恋におそれて~妄想する男の歌

「もしかしてだけど・・・」と男の妄想を歌うデュオ、どぶろっくが大人気だとか。 今日は、妄想する男の歌を創らせたら右に出る者はいない、トム・ウェイツを紹介しよう。…

スポンサーリンク

112 / 126<<...110111112113114...>>
Pagetop ↑