「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

新着

TAP the STORY

オザケン27歳、二人のジャズ・メンとの出会い

“オザケン”の愛称で親しまれる小沢健二。 1980年代後半、小山田圭吾と組んだフリッパーズ・ギターでは、渋谷系のムーヴメントの先駆けとなった。 1991年に解散…

Extra便

「黒蜥蜴の唄」から「黒ネコのタンゴ」まで~日本語の歌をカヴァーして世界に発信するピンク・マティーニ

ピアニストでリーダーのトーマス・M・ローダーデールが1994年にアメリカのポートランドで結成したピンク・マティーニは、最初は5人のメンバーから始まったが、199…

TAP the SONG

北島三郎の「帰ろかな」はカナダを旅行した中村八大がニューヨークで仕上げた自信作

北島三郎のために中村八大が作った「帰ろかな」は、演歌と呼ばれる音楽とは異なるモダンなサウンドの楽曲だ。 異国の地のニューヨークから送られてきた歌と、中村八大につ…

Extra便

2トーンって何? スカとロックを融合させた先にあるものとは

スカとロックを融合させた音楽、2トーン。 その由来は1979年に設立されたレーベル、2トーン・レコードからきている。 スペシャルズの他、マッドネスやザ・セレクタ…

TAP the ROOTS

「汚れた街」で生きていくということ

 1973年。 「迷信」などを収録した『トーキング・ブック』を大成功させたスティーヴィー・ワンダーは、グラミー賞の最優秀アルバムを受賞することになる『インナーヴ…

TAP the COLOR

BLUESの旅路Part4〜エルモア・ジェイムス/ギター・スリムほか

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第174回 ブルース(正確にはブルーズ)を聴いたり目の前の演奏に接し…

TAP the DAY

猫の歌〜Cat’s in the Cradle(ゆりかごの猫)〜

■猫とアーティストの2ショット写真50枚を掲載したNYデザイン事務所のサイトが話題に(amassより) カート・コバーン、ボブ・ディラン、ジャニス・ジョプリン、…

TAP the NEXT

土岐麻子──街の人の音楽にこだわり続けた彼女が到達した、これぞ現在進行形シティポップの傑作

City Lights あなたの目でゆれる City Lights またたく窓明り  (中略) City Lights 誰かが手を振った 街の灯は 都会の福音 …

TAP the CHANGE

2トーンのサウンドを受け継いだグウェン・ステファニーとノー・ダウト

1980年台前半にイギリスで一大ムーブメントを巻き起こした、2トーン・レーベルを中心としたスカ・ブーム。 しかしワム!やデュラン・デュラン、カルチャー・クラブと…

ミュージックソムリエ

ギター・ヒーローはまた生まれる

 かつてロックの華として活躍していたギター・ヒーロー。派手なアクションと目の覚めるようなテクニックで、ロック・ファンを夢中にさせてくれた。 Chris sped…

TAP the NEWS

ローリンング・ストーンズ50周年記念ツアー制作の舞台裏で──前編

2010年の秋、キース・リチャーズの自伝『Life』が出版され、またたく間にベストセラーとなった。 それと同時にキースとミックの関係は深刻な事態に陥ったという。…

TAP the DAY

リー・モーガンを偲んで〜トランペットという楽器を最もかっこよく扱った男の足跡〜

1972年2月18日、トランペット奏者リー・モーガンはニューヨークにあったジャズクラブ『SLUGS’』でいつものように演奏をしていた。 その2ステー…

130 / 256<<...128129130131132...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ