「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

新着

TAP the LIVE

トラヴィスが「Why Does It Always Rain On Me?」を歌うと雨が降る?

オアシスやブラーに代表される90年代のブリットポップのシーンから登場したバンド、トラヴィス。 1997年に『Good Feeling』でアルバム・デビューを果た…

TAP the DAY

1964年に来日して衝撃を与えた、リヴァプール・ビートルズ

1964年9月16日、ブルージーンズの加瀬邦彦は最初の音を聴いただけで、「な、なんだ!! この音は? このサウンドは?」と、後楽園アイスパレスのプラスチックの椅…

TAP the NEXT

SCOOBIE DO

日夜ステージに立ち続けては、その場にいるすべての観衆たちを熱狂と興奮の坩堝へと引きずり込む──名実ともに〈LIVE CHAMP〉と言えるロックンロール・バンド、…

TAP the SONG

デュアン・オールマンはなぜウィルソン・ピケットを説得して「ヘイ・ジュード」をカヴァーさせたのか?

ビートルズの18枚目のシングル「ヘイ・ジュード」は1968年8月末に発売されると、9月28日には全米チャート1位になって9週間連続で首位の座をキープするという大…

TAP the NEWS

運命の歌〜Across The Universe〜後編

■米大統領、対イスラム国で戦略転換 9・11前に“対処療法”から大規模軍事介入へ(MSN産経ニュースより) 2001年の米中枢同時テロから11日で13年。「同時…

季節(いま)の歌

秋の歌〜甲州街道はもう秋なのさ〜前編

秋の到来です。 今回の<季節(いま)の歌>は、RCサクセションの代表曲「スローバラード」と同時期に録音された「甲州街道はもう秋なのさ」を聴きながら、アルバム『シ…

TAP the SONG

カウンター・カルチャーが台頭した70年代に「プカプカ」を歌い継いだのは役者やダンサーが多かった

ジャズシンガーの安田南が前ぶれもなく、ふいに表舞台から姿を消したのは1978年のことだ。 それからというもの、消息はほとんどわからず、彼女の名前は「プカプカ」の…

TAP the ROOTS

セプテンバー・モーン~かつてのときめきを思い出す歌

九月の朝、朝靄の中、湖で沐浴する少女。 フランスの画家&イラストレイター、ポール・マイル・シャバの絵画「九月の朝」は、ロマンチックな思いを抱かせる。 その絵に対…

TAP the COLOR

24時間パーティピープルに捧ぐ〜ニューヨーク・ドールズほか

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第46回 パーティの盛り上がりには何といっても音楽が必需品だ。ライブ…

TAP the LIVE

R.E.M.~ロード・ムービーとして残された4人による最後のツアー

メンバーが変わることなく続いているバンドはどれくらい存在するだろうか。 大半はバンドへの不平不満やメンバー間の仲違いなど、様々な理由によってメンバーが脱退したり…

TAP the DAY

ジョン・レノンの「イマジン」を時間と手間をかけて育んでいった人たち

ジョン・レノンの代表曲といえば、今ではほとんど条件反射的に「イマジン」が取り上げられる。 だが、この曲が他の作品よりも高く評価されるようになったのは、1980年…

TAP the NEXT

なかの綾

夜の数ほど歌があり、酒の数ほど歌がある──そんなムードを味わせてくれる女性シンガー、なかの綾。 1985年、京都・西陣の織屋の娘として生まれたという彼女は、10…

278 / 301<<...276277278279280...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ