TAP the PIC

ニュー・イヤーズ・デイ

2013.12.26

Pocket
LINEで送る

「戦場に軍隊を並べることの愚かさについて歌ったんだよ」

アイルランドのロックバンド、U2の出世作となったアルバムといえば『War』(1983年)。
これは「New Year’s Day」のシングルカット時にボノが語った言葉だ。
歌詞のテーマは、ポーランドの労働組合“連帯”。

第2次世界大戦後、ソ連の支配下に置かれたポーランドでは国民の反発が長きに渡って続いた。
1980年、元々電気技師だったレフ・ヴァウェンサ(ワレサ)を中心に“連帯”が結成される。
翌1981年の12月に共産党によって戒厳令が発令され、ワレサを含む多くの“連帯”のメンバー達は拘束された。
彼等は冷たい牢獄の中で新年を迎えながら…国の未来を想い、静かに祈った。

その事実を知ったU2のボノは、当時、妻へのラブソングとして書きかけていた歌詞を作り変えて「New Year’s Day」として完成させた。
その後、ボノの強烈なメッセージは世界中の音楽ファンを熱狂させ、“新たな未来(New Year’s Day)”を切り拓いて行く。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the PIC]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑