TAP the ROOTS

恋におそれて~妄想する男の歌

2014.08.14

Pocket
LINEで送る

「もしかしてだけど・・・」と男の妄想を歌うデュオ、どぶろっくが大人気だとか。
今日は、妄想する男の歌を創らせたら右に出る者はいない、トム・ウェイツを紹介しよう。

1949年にカリフォルニアで生まれたトム・ウェイツがデビューを果たすのは、1973年のことだ。このデビュー・アルバムに収められているのが、「I Hope That I Don’t Fall In Love With You」(「恋におそれて」)である。

♪いや、恋になんて落ちたくないさ
 恋しても、ブルーになるだけだ♪


主人公は歌の冒頭でそう、宣言してみせる。
だが、ひとり、夜の店で飲んでいる主人公は音楽を聞きながら「君」が、自分に気があるのでは、と妄想を始めるのだ。
そして彼はあの台詞を繰り返す。

♪君と恋には、落ちたくないのさ♪


店は少しずつ混雑し始める。主人公は座席についているのだが、「君」は立ったまま酒を飲んでいる。席を譲ろうか、と彼は妄想する。
ふたりは一緒に飲み始め、いつしかふたりは、という妄想だ。
そして彼はまた、呟く。

♪君と恋には、落ちたくないのさ♪


そんな妄想を繰り返していると、いつしか店の閉店時間が近づいてくる。スピーカーから流れていた音楽も消え、ラストオーダーがコールされる。
主人公はスタウト(黒ビール)を注文し、「君」を探す。
だが、「君」の姿はどこにも見えない。
そして主人公は、こう口にするのだ。

♪君に、恋しちまったようだな♪





トム・ウェイツ『クロージング・タイム』
ワーナーミュージック・ジャパン

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑