TAP the ROOTS

「マイ・シャローナ」は一目惚れした少女への熱烈なアプローチだった

2014.11.27

Pocket
LINEで送る

ダグ・ファイガーは1952年、アメリカの中西部、ミシガンの裕福な家庭で生まれた。兄のジェフリーは弁護士で、尊厳死の啓蒙家だったジャック・フェヴォーキンを非難する保守的な人々のリーダー格だった。

ダグはスカイというバンドのベーシストで、ボーカリストだった。いつか、ロスかニューヨークに出ていこうと夢に見る高校生だった。 

だが、ミシガンの郊外の高校生だった彼に大きなチャンスが訪れる。ローリング・ストーンズ、トラフィックといったイギリスのビッグネームのプロデューサーとして名を馳せていたジミー・ミラーから声がかかったのだ。そしてスカイは、1970年、1971年、RCAレーベルから2枚のアルバムを発売することになる。だが、レコードセールスは、残念ながら失敗に終わる。

その後、いくつかのバンドを経て、ダグはロサンジェルスに出てくる。高校時代にプロデビューした彼も、すでに25歳になっていた。
そしてある日、ブティックにぶらりと立ち寄った時のことだ。

♪ ダダダダダン!ダ!ダ!ダ!ダダダダダン!♪
(頭の中でGのオクターブを使ったベースリフを想像してください)
(もしくは、楽曲のイントロを参考に。。。)


彼の胸がビートを奏で出したのだ。
ブティックにいたのは、まだ17歳のシャローナ・アルペリン。
ダグは8歳も年下の女の子に一目惚れする自分を疑ってみたが、冷静を努めようとしても、胸の鼓動は収まらなかった。

♪ おー、僕の小さく、可愛いあの子
  可愛いあの子
  いつになったら、時間を作って
  くれるんだい
  シャローナ ♪


その日から、ダグの猛烈なアタックが始まる。
ちなみに、すでにザ・ナックとしてロスで活動していたダグには、ガールフレンドがいた(ブティックには、ガールフレンドと一緒に行ったのだ)。それだけでなく、シャローナにもボーイフレンドがいたし、そのボーイフレンドはザ・ナックのファンで、彼とシャローナは一緒にザ・ナックのコンサートにも足を運んでいたのである。

ダグはガールフレンドと別れ、シャローナに対する想いを歌にする。
それが、1979年、ビルボード誌6週連続ナンバーワンとなる「マイ・シャローナ」だ。

そして運命の出会いからおよそ、1年後、シャローナはダグとの交際をようやく受諾する。シャローナは18歳になっていた。そしてダグはといえば、「マイ・シャローナ」を書き上げることで、また運が向いてきたのだろう、キャピトル・レコードと契約、スージー・クアトロなどを手がけたプロデューサー、マイク・チャップマンの手腕もあって、一躍スターダムを駆け上がっていく。

♪ もう止まらない
  諦めるよ
  頭のにはいやらしい妄想が
  駆け巡る
  君みたいな若い子と触れたりしたら
  マイ、マイ、マイ、ウォー!
  マ、マ、マ、マイ・シャローナ!♪


「マイ・シャローナ」は人気テレビ番組「サダデイ・ナイト・ライブ」でパロディが登場するなど、社会現象になった。当然、バンドはロスにだけいるわけにはいかず、アメリカ国内だけでなく、はるばる日本にもやってきた。シャローナは、ダグと一緒に世界を旅する生活を選んだ。

だが、ふたりの恋は4年間でピリオドを打つこととなる。
「ロックンロールな生活」に疲れたことと、ダグのアルコール依存が原因だったと後にシャローナは語っている。
 ザ・ナックはその後、2枚のスマッシュ・ヒット・シングルを放つが、デビュー・シングルを越えるヒット曲は結局出せずに、解散した。

ダグ・ファイガーは2010年のバレンタイン、脳腫瘍と肺ガンのため死去。
シャローナは、ロスに戻り、セレブ相手の不動産業をスタートさせ、成功を収めている。

シャローナ・アルペピン公式サイト(PCサイト)




The Knack『Get the Knack』
Iconoclassic

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑