TAP the ROOTS

音の職人たちが紡ぎ出した愛の歌

2015.07.02

Pocket
LINEで送る

♪ 恋人よ、君に愛を誓おう
  永遠に、いつまでも
  天にいる方が証し人
  永遠に、いつまでも  ♪


スタッフの母体は、ベーシストのゴードン・エドワーズが1960年代に結成したセッション・バンド「エンサイクロペディア・オブ・ソウル」だ。
ソウル・ミュージックの百科事典というそのグループ名からもわかるように、そのバンドは、ジャズ、ソウル、ゴスペル、リズム&ブルースとブラック・ミュージックを演奏させたら職人と呼ばれるような、ミュージシャンの集まりだった。

1970年代に入り、メンバーが固定されると、彼らはスタッフと名乗った。得意とするもの、という意味とスラングの麻薬の意味があった。確かに、メンバーはそれぞれの楽器のエキスパートだったし、そのサウンドは聴く者にある種の中毒性をもたらした。

 ゴードン・エドワーズ(ベース)
 コーネル・デュプリー(ギター)
 エリック・ゲイル(ギター)
 リチャード・ティー(キーボード)
 スティーヴ・ガッド(ドラムス)
 クリストファー・パーカー(ドラムス)

彼らのサウンドは、クロスオーバーともフュージョンとも呼ばれ、インストゥルメンタルの曲が大部分だったが、ゴードン・エドワーズがボーカルをとった「あこがれの君」は、スタッフにとって、数少ない歌である。

♪ 空高く輝く月のように
  絶対に君を地に落としたりはしない ♪


歌のバックはいたって、シンプルだ。
華麗なテクニックをあえて封印するように、グループはゴードンの歌声をサポートしていく。

♪ 結婚してほしいのさ
  永遠に、いつまでも
  君はこの人生の鍵なのさ
  永遠に、いつまでも(いつまでも) ♪


楽器の名手たちが奏でたラブ・ソング。

それはゴードンの優しい歌声を支える名演だった。




スタッフ『モア・スタッフ』
ワーナーミュージック・ジャパン

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑