TAP the ROOTS

ジョニー・キャッシュ・ファミリーのクリスマス

2015.12.24

Pocket
LINEで送る

ジューン・カーターと結婚し、愛息ジョン・カーター・キャッシュをもうけてからというもの、ジョニー・キャッシュは、マン・イン・ブラック=黒服の男とは違う、家庭の優しい父親という一面も見せるようになりました。

cash family

元々、芸達者だったジューン・カーターと一緒に、歌番組以外のテレビに出演し始めたのも、この頃です。
それは料理番組で、いつもならステージの主役のはずのジョニーがこの日は脇役、キッチンのセンターをつとめたのは、もちろん奥さんのジューンでした。

メニューは「ジョニーのチリ」。
チリは、19世紀にメキシコから独立してアメリカ合衆国の一部となったテキサス州の南部が発祥の地とされています。
テキサス州ナッシュビルを音楽生活の舞台としたジョニーにはぴったりです。
チリは、豆と肉をスパイスと一緒に煮込んだ料理ですが、チリコンカンともチリコンカーニーとも呼ばれています。
Chili con carne
チリは、唐辛子のこと。
コンは「◯◯が入った」という意味。コンガスの水なんて言い方がありますね。
そしてカルネが肉のことです。

チリコンカンで思い出すのが『刑事コロンボ』です。主人公コロンボの大好物がチリコンカンでした。その『刑事コロンボ』の「白鳥の歌」という作品にジョニー・キャッシュが出演したのも、チリの縁なのかも知れません。

「さぁ、私は忙しいんだから、食材を説明してくださいね」
奥さんのジューン・カーターに促されて、どこか落ち着かない様子で傍らに立っているジョニーが、レシピを読み上げます。

・狩の獲物のひき肉2ポンド
 なければ、牛チャック肉かサーロインのひき肉
・上記とは別に、獲物のステーキ1ポンド
 なければ、サーロインかランプ肉のステーキ
・甘めの玉ねぎ2個
・カノーラ油ティースプーン2杯
・16オンスのホール・トマトの缶詰3個
・緑色の甘唐辛子2個
・赤色の甘唐辛子1個
・角切りしたハラペーニョ5個分(オプション)
・ハバネロ(オプション)
・市販のチリ香辛料2箱
(*ジョニーの好みは、マコーミック社の「マイルド」でした)
・塩、黒胡椒
・チリ・パウダー 2分の1カップ
・クミン 3分の1カップ
・セージ テーブルスプーン1杯
・オレガノ ティースプーン1杯と半分
・カイエン・ペッパー テーブルスプーン1杯
・黒豆の缶詰(15オンス)2缶
・ピント豆の缶詰(15オンス)2缶
・キドニービーンズの缶詰(15オンス)2缶
・チリビーンズの缶詰(15オンス)1缶
・12オンスの瓶に入ったビール1本
・砂糖 4分の1カップ
・手作りのコーンミール1握り


「まず、ステーキ肉を食べやすいサイズに切ります」とジューン。「あなたは、玉ねぎを細かく刻んで」

chili

アメリカらしく、大人数用の料理ですが、一言でいえば、具沢山の贅沢チリ、といったところでしょうか。

クリスマス。
大切な方と、心温まる料理を囲んで、静かな時を過ごしたいものですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑