TAP the ROOTS

グレン・フライ追悼~別れの言葉は「テイク・イット・イージー」

2016.01.21

Pocket
LINEで送る

♪ テイク・イット・イージー
  気楽にいこう
  自分の車輪の音で
  いらつくもんじゃない
  まだできると思っても
  手加減するのさ
  理解しようとなどせず
  ただ君の居場所を見つければいい
  そして、テイク・イット・イージーさ ♪


1970年にドン・ヘンリーと出会ったグレン・フライは、リンダ・ロンシュタットのバックをつとめたことをきっかけにイーグルスを結成する。そして彼が選んだ居場所が、エコー・パークだった。
エコー・パークはロサンジェルス北東部の丘陵地で、北側のダウンタウン、南側のハリウッドにはさまれている。

echopark

この街がどこか、時の流れが停まったかのように思えるのは、古着屋が多かったり、自動車より自転車が幅をきかせているせいだろう。
今でも、若き日のグレン・フライがコーヒー・ショップから姿を現しそうな気がしてくるのだ。

グレン・フライが住んでいたアパートの階下からは、いつもギターの音と歌声が聞こえてきた。彼はイーグルスとしてのファースト・アルバムの準備にとりかかっているところだった。
少しの間、ギターの音が聞こえなくなると、どうしたのだろうかと、思いを馳せた。そして、久しぶりにまた、ギターの音と歌声が階下から聞こえてきた。

「いい曲だね」

階下の男は、グレンの言葉に微笑み、自分の名前はジャクソン・ブラウンで今、ファースト・アルバムのために曲を書いているところなのだと言った。

「ちょっと、聞いてくれるかい?」

ジャクソン・ブラウンは書き掛けの「テイク・イット・イージー」を歌い始めた。曲作りに煮詰まって、アリゾナへの小旅行へ出かけて思いついた曲だった。そして歌が2番にさしかかったときのことだ。

♪ そう、俺はアリゾナ州ウィンズローの
  街角に立っている
  なんて光景だ           ♪


「フラット・ベッド(平台)のフォードに乗った女の子が、僕のことを見ようと、スピードを落としたのさ」

グレンが突然、ジャクソン・ブラウンの歌に歌詞を載せたのだ。
歌の主人公とフォードのトラックに乗った女の子が出会ったように、ジャクソン・ブラウンとグレン・フライが出会った瞬間だった。

tumblr_ns0ztxWa771ubfrpao1_500

「君にこの歌、任せるよ」と、ジャクソン・ブラウンは言った。

「パッケージはできていて、僕はただリボンを飾っただけさ」
グレン・フライはそう語っているが、仕上がった曲がイーグルスにとって大切な曲であることは疑いの余地がなかった。
「テイク・イット・イージー」は、イーグルスのデビュー・アルバムの1曲目に収録され、1枚目のシングルとしてカットされることになる。

2015-43098

「僕らは、ここから始まったのさ」

ライブ・アルバムも発売されている1994年の「ヘル・フリーゼズ・オーバー・ツアー」で、グレン・フライは「テイク・イット・イージー」を歌い出す前にそうメッセージしている。

テイク・イット・イージー。
その言葉には、「じゃあな」という別れの意味もある。
テイク・イット・イージー、グレン・フライ。

だが、エコー・パークには今でもあなたの面影が残り、アリゾナ州ウィンズローにできた「街角に立って公園」には、あなたの歌声を聞きながら、多くのファンたちが集まってくるのだ。

a



<追記>
グレン・フライが亡くなった翌日、ジャクソン・ブラウンは自身のコンサートで「テイク・イット・イージー」を捧げている。



イーグルス『イーグルス・ファースト』
ワーナーミュージック・ジャパン

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑