TAP the ROOTS

ポール・サイモンがリヴァプールで思いを馳せた“家”

2016.06.09

Pocket
LINEで送る


僕は今、列車の駅に座っています
目的地までの切符も買いました mmm
一夜限りのツアーの途中
スーツケースとギターを手にした
詩人とワンマンバンドのために
どこの場所もそれなりの用意をしてくれています

ポール・サイモンが「詩人とワンマンバンド」のツアーをしていたのは、1965年のことです。サイモン&ガーファンクルのデビュー・アルバムの失敗に気落ちしたポールは、ひとりイギリスに渡りました。そう、この歌は、イギリス国内での、ポール・サイモンのソロ・ツアーの途中に書かれたものでした。


家路
家へ帰れるのなら、と思うのです

順調に進んでいたツアーの途中で何故、家が恋しくなったのでしょう。それは列車が途中で止まってしまったからです。
イギリス北部の町、ウィガンでのライブを終え、当時暮らしていたブレントウッドに向かう旅の途中、列車はリヴァプール駅に止まったまま、動こうとしなかったのです。

ポール・サイモンは1990年、雑誌「ソング・トーク」で次のように語っています。

「あの曲は旅の途中、リヴァプールで書いたものです。あの曲のいいところは、リヴァプールの駅や街やクラブなど、僕の22歳の頃の思い出が詰まっているところです。昔々のスナップショット、写真のように」


limestreetstation

若き日々。
風が吹き、川が流れるように、次々と言葉が編まれ、メロディーが紡ぎ出される日々。歌詞は、次のように続きます。



僕の思考が外套を脱ぎ

僕の好きな音楽が流れ

彼女が静かに横たわり
僕を待っていてくれる場所

夢のような安らぎの場所。
果たして、ロンドンからさほど遠くないブレントウッドにあったポールの家は、そんな家だったのでしょうか。


今夜また、僕は歌うでしょう
歌うフリをするゲームをするのです
でも僕の言葉はすべて
月並みな影となって
自分に跳ね返ってきます
ハーモニーにも間が必要なように
僕は誰か癒してくれる人が必要なのです

ブレントウッドの家が夢の場所ではなかったのは確かなようです。


家路
家へ帰れるのなら、と思うのです

ブレントウッド。
それはイギリスの地名であると同時に、ニューヨークのロングアイランド鉄道の駅名でもあります。
家。
その言葉にポールは、アメリカの故郷を重ね合わせていたのでしょう。



僕の思考が外套を脱ぎ

僕の好きな音楽が流れ

彼女が静かに横たわり
僕を待っていてくれる
静かに待っていてくれる場所




サイモン&ガーファンクル『パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム』
SMJ

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑