TAP the ROOTS

テンプテーションズの9月、思い出の9月

2016.09.15

Pocket
LINEで送る


 それは9月3日
 その日のことはいつだって忘れない
 ああ、忘れやしないさ

 セプテンバーとリメンバーが韻を踏むせいか、9月を思い返す歌は多い。テンプテイションズが1973年にグラミーの最優秀R&Bボーカル部門と最優秀R&Bパフォーマンス部門をダブル受賞した「パパ・ワズ・ア・ローリング・ストーン」でも、9月が登場する。
 だが、この9月3日は、忌まわしい日だ。


 だって、その日、俺の親父が死んだのさ

 そして歌詞は、主人公が父親の顔を見ずに死んでいったことを説明する。


 一度も顔を見たことがない
 親父についてはいい噂を聞いたことがない
 ママ、お願いだから本当のことを話してよ

 懇願する主人公。
 だが、母親は頭を振り、こう言うのである。


 パパは*ローリング・ストーンだった
 帽子を置く場所が、あの人の家
 死んじまった時だって
 遺してくれたのは、*アローンだけさ

 ローリング・ストーンは転がる石。
 ほとんど家にはいつかない根無し草だというわけだ。
 最後のアローンは寂しさとも取れるし、ア・ローンなら借金である。

 そこからはテンプスが誇るシンガーたちが、あたかも次々と兄弟が母親を問い詰めるように、代わる代わる歌うのだ。


 ねえ、ママ
 パパは1日も働いたことがないって
 本当なの?



 パパには外に3人子供がいて
 それぞれ別の違う奥さんがいたって悪い噂なんて
 嘘だよね

 デニス・エドワーズ、リチャード・ストリート、デーモン・ハリス、メルヴィン・フランクリン。彼らの歌う様は、ミュージカルを観ているようである。



 この曲を書き、プロデュースしたのはノーマン・ホイットフィールド。モータウン・サウンドのクリエイターであった彼は、テンプスの作品の他に、マーヴィン・ゲイの「悲しい噂」や、エドウィン・スターの「黒い戦争」なども手がけている。

「彼は、ひとつのコードで、あれだけの美しいメロディーを作り出す。他の人間には想像もできないようなね」

 モータウンの創業者、ベリー・ゴーディ・ジュニアは、ホイットフィールドについて語っている。

「彼はテンプスの5人と仕事をしたが、どの曲で誰に歌わせたらいいかってことをわかってたんだ。だからあの曲の中でそれを使い分けてみせたのさ」


norman

 2008年の9月16日。
 ノーマン・ホイットフィールドはこの世を去っている。
 思い出の9月。
 テンプスとホイットフィールドの偉業を聴き直してみてはどうだろうか。





Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑