TAP the ROOTS

ジミ・ヘンドリックスに出会って楽器を置いた男

2017.07.13

Pocket
LINEで送る

1966年7月。
ニューヨーク、グリニッシ・ビレッジにあったライブ・ハウス「ワー」にチャス・チャンドラーがやってきたのには、理由があった。
キース・リチャーズのガール・フレンドだったリンダ・キースから聞いた噂をその目と耳で確かめるためである。
アニマルズのベーシストだったチャスに彼女は、「信じられないくらいすごいギタリストがいる」と言ったのである。

アイク&ティナ・ターナー、アイズレー・ブラザーズなど数々のミュージシャンのバックでギターを弾いてきたジミ・ヘンドリックスはその夜、ジミー・ジェイムス&ザ・ブルーフレイムスのギタリストとして「ワー」のステージに立っていた。そしてバンドが「ヘイ・ジョー」を演奏した時、チャスはジミの才能を確信する。その瞬間、チャス・チャンドラーはアーティストであることより、ジミ・ヘンドリックスという天才のマネージャーとなることを決断したのである。



この時、バンドが演奏した「ヘイ・ジョー」は後にジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのデビュー・シングルとなるのだが、この曲を演奏するよう、ジミー・ジェイムスにレコメンドしたのは、ジミ自身であった。

「ヘイ・ジョー」の著作権が登録されたのは、1962年のことである。
登録者は、グリニッチ・ビレッジのミュージシャンだったビリー・ロバーツ。彼女の浮気を知った男が、彼女を殺してメキシコへ逃げるといった内容のこのマーダー・バラッドをビリー・ロバーツ自身は、録音した記録がない。

だが、様々なミュージシャンに歌い継がれていたようで、ジミが「ワー」で演奏していた1966年には、いくつものバージョンがレコーディングされていた。
ひとつは、ロサンジェルスのバンド、リーブス。リーブスのボーカルは後にタートルズのメンバーとなるジム・ポンズであった。その他にも、アーサー・リー率いるラブ、バーズなどもこの曲を取り上げている。
そして、ジミが影響を受けたのではないか、と言われているのが、グリニッチ・ビレッジのシンガーだったティム・ローズの歌ったスロー・バージョンである。ティムのバージョンがもしかしたら、一番作者であるビリー・ロバーツの元歌に近いのかも知れない。



いずれにしても、その後「ヘイ・ジョー」はジミの魔法にかかり、一躍、有名なポップ・ソングの仲間入りを果たすわけだが、その後も、多くのミュージシャンがこの曲をカバーしている。

ディープ・パープル(1967年)
キング・カーチス(1968年)
ロイ・ブキャナン(1973年)
パティ・スミス(1974年)
ソフト・セル(1983年)
ニック・ケイブ&バッドシーズ(1986年)
ロバード・プラント(2002年)

だが、チャスが衝撃を受けたように、ジミのギターはやはり抜けているように、感じるのである。



The Jimi Hendrix Experience『Are You Experienced?』
Sony

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑