TAP the ROOTS

「ダウンタウン・トレイン」が映し出すレイン・ドッグの淡い夢

2017.11.16

Pocket
LINEで送る

 モノクロームの映像の中、年老いた女性がアパートの窓を開ける。
「ねぇ、ジェイク。満月よ」と、彼女は言う。だが、彼女の夫は、椅子に座ったまま振り返ろうともせず、こう言い放つのである。
「閉めておけ、テレーサ。満月になると、いつもあいつは歌い始める」
 列車の汽笛が聞こえる。そして彼女は窓の下をのぞき込む。そして、トム・ウェイツは歌い始めるのである。


外じゃまた黄色い月が
闇夜にパンチで穴を空けたのさ




「ダウンタウン・トレイン」は、シンプルなラブ・ソングのようにも聞こえる。だが、その背景には、「レイン・ドッグス」に共通する、いや、トム・ウェイツの歌に共通する疎外感が漂っている。

「レイン・ドッグス」。
 雨の犬。
 それは、迷子になった人間の、人生の方向感覚を失った人間の、玄関先で眠りにつく人間の、社会的にも物理的にも居場所をなくした人間のメタファーなのだ、とトム・ウェイツは語っている。
 犬は、自らの臭いでマーキングをし、家への地図を作っていく。自らの臭いこそが、犬にとっての「パン屑」なのである。
 だが、雨が降れば、激しく降れば、せっかくつけた臭いは消えてしまう。そして犬は迷子になってしまうのだ。


今夜、おまえに会えるだろうか
ダウンタウン行の列車で
俺の夢が雨のように
ダウタウン行の列車に降り注ぐ


 そしてもちろん、彼の夢の雨は、彼自身の夢をも流し去ってしまうことを、主人公は知っているのである。
 社会からは疎外されながらも、何とか社会の中の美しいものと関わっていたいという矛盾。そんな矛盾を抱えながら、雨の中、犬は歩き続けていくのだ。

 トム・ウェイツのバージョンと、ロッド・スチュワート、パティ・スマイスのバージョンを聞き比べてみるのも悪くない。





TomWaits『Rain Dogs』
Universal

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑