「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the ROOTS

ロバート・プラントのブルースマンへの愛がつまった「胸いっぱいの愛を」

2018.02.15

Pocket
LINEで送る

 ロバート・プラントの父親が何故、ティーネイジャーになったばかりの息子をクラブに連れていったのかはわからない。だがそれは、1960年代初頭の話で、ロバートはそこで白人のブルースマンが歌う「何か」に触れたのだ。アメリカのフォーク・ミュージックに夢中だった少年が、ブルースと出会った瞬間だった。

 イギリスに生のブルースが大挙してやってきたのは、1962年のことである。
 発端は、ひとりのドイツ人プロモーターのアイディアだった。アメリカのブルースをヨーロッパに紹介したい。そう思った彼は、ウィリー・ディクソンに相談を持ち掛けたのである。



 1915年生まれのウィリー・ディクソンは一風変わった経歴の持ち主だ。ミシシッピ生まれの彼がイリノイ州に渡り、ボクシングのヘビー級チャンピオンになったのは、22歳の時。ボクサー引退後、シカゴに渡ってから、ミュージシャンとしての活動をスタートさせている。マディー・ウォーターズが、ウィリー・ディクソン作詞作曲の「フーチー・クーチー・マン」をヒットさせるのは、1954年のことである。シンガー、ソングライター、ベーシスト、プロデューサー。ウィリー・ディクソンは様々な顔をもっていた。そして、その顔は広かったのである。

 ウィリー・ディクソンの尽力もあり、ヨーロッパにブルースを紹介するイベントは、毎年、行われることになった。
題して、アメリカン・フォーク・ブルース・フェスティヴァル。その記念すべき1回目が、1962年だった。
 Tボーン・ウォーカー、メンフィス・スリム、ジョン・リー・フッカー、ウィリー・ディクソンなどのメンバーがヨーロッパをツアーしたのである。
 ロバート・プラントが遭遇した白人のブルース・シンガーもおそらく、そのフェスティヴァルを見にいっていたのだろう。ロンドンの会場には、エリック・クラプトンやスティーヴィー・ウィンウッドの姿があった。マンチェスターの会場にはミック・ジャガー、キース・リチャーズ、そしてジミー・ペイジがいた。ロバート・プラントより4歳年上のジミー・ペイジはその時、18歳だったことになる。

「髪も伸びないうちから、ハーモニカを吹いて、マディー・ウォーターズのブルースを歌ってた」

 ロバート・プラントはそれからの日々を、そう振り返っている。
 ブルース・ボーイとなったロバート・プラントが家を出て、ミュージシャンとしての生活をスタートさせるのは、16歳になった時のことである。


I ain’t foolin’ you need schoolin’
Baby you know you need coolin’
Baby, way down inside
Woman you need love


 マディー・ウォーターズが1963年に発表した「ユー・ニード・ラヴ」は、ロバート・プラントお気に入りの1曲だったのだろう。「胸いっぱいの愛を」で、彼はマディーの曲の本歌取りのような歌詞を並べている。


You need coolin’, Baby, I’m not foolin’
I’m gonna send you back to schoolin’
Way down inside
Honey, you need it


「胸いっぱいの愛を」はアメリカでシングルカットされ、チャートの4位まで上がるヒットとなり、ツェッペリンの初期の代表曲のひとつとなったのである。




Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ