「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the ROOTS

ポール・ウェラーがシティという聖地で目撃した「若者の理想像」

2018.06.14

Pocket
LINEで送る

 イデア。
 それはアイディアという言葉の語源となるギリシア語で、プラトンが使ったことで有名だ。我々が暮らす現象世界とは別の、イデア世界があり、我々が目にするものは、イデア世界の劣化コピーに過ぎないのだと、プラトンは考えたといわれている。


 シティには
 君に話してやりたいことが
 山ほどあるのさ


 1977年にザ・ジャムはこの曲でデビューするわけだが、当時のロンドンは、パンクによって長い眠りから醒めたような熱狂にあった。18歳だったポール・ウェラーも、セックス・ピストルズやクラッシュに刺激を受けていた。

 ポール・ウェラーは、2011年、雑誌「Q」でこのデビュー曲を振り返っている。
「あれは、若い労働者階級のサウンドだった。ロンドン出身でなかったとしても、郊外から飛び出してやろうという若者たちのね」

 ロンドンだけでなく、イギリスは長い不況の中にあった。
「自分たちにとっていえば、シティは、すべてが起こっている場所だった。そこにはクラブが、ライブが、音楽があった。私は確か、18歳だった。刺激的な時代であり、年だった。ロンドンは、ポスト・ヒッピーの日々から抜け出そうとしていた。そして新しい世代が出てきていたんだ」


 シティでは
 何千という顔が輝いている
 そしてみんな25歳以下なのさ


 1960年代のアメリカでは「30歳以上を信じるな」と言われたものだが、ロンドンでは、更に若い連中が時代を引っ張ろうとしていた。


 みんな言いたいのさ
 みんな君に教えたいんだ
 若者のイデアをね


「あの曲は我々にとって、とても大きなものだった。コンサートはいつも、あの曲から始めた。そしてアンコールということになれば、もう一度、あの曲を演った。それくらい大きなリアクションがあったのさ」

 そして、ロンドンっ子たちは、ザ・ジャムに熱狂したのだ。彼らは単なるパンクではなかった。モッズ・スーツに身を包み、破壊者というよりは、どこか知的な一面があった。
 昨日今日、ギターを手にしたパンクスとは違うのだと、ポール・ウェラー自身、2015年、雑誌「Mojo」で語っている。

「我々はその頃すでに、5年のキャリアがあった。クラブや、労働者たちが集まる店で演奏してきたからね」
 ポール・ウェラーは、14歳の頃からビートルズのカバーなどを演奏し、店のステージに立っていたのである。
「だから、ギターのチューニングなんて気にしない、なんて連中とは違ったのさ」

 ロンドンの若者たちにとって、ポール・ウェラーこそ、理想の若者像=イデアに見えたのだろう。



Pocket
LINEで送る

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ