TOKYO音楽酒場

【16軒目】下北沢・メンフィス兄弟。──ルーツ音楽を中心に人の輪がつながっていく酒場

2016.06.28

Pocket
LINEで送る

いい音楽が流れる、こだわりの酒場を紹介していく連載「TOKYO音楽酒場」。今回は、美味しいお酒と良質な音響システムでルーツ・ミュージックの広がりとつながりを楽しめる、下北沢の外れにあるDJバーを紹介します。

再開発で街並みが急速に変わろうとしている、下北沢。しかし今なお、ライブハウスやクラブ、レコード店、ロックバー、ライブカフェなどが点在する「音楽の街」としての姿は健在だ。若者はもちろん、最近では外国人観光客も多く見受けられるようになった南口商店街のゆるやかな下り坂をひたすらに歩き、餃子の王将を横目に通り過ぎれば、CCO、lete、下北沢LOFT、440、CLUB251、ReG、BASEMENT BAR、THREE……と、ライブハウスが密集するエリアに入る。茶沢通りに出て、三軒茶屋方面へとさらに歩いていくと、今回訪れる〈メンフィス兄弟。〉の看板が見えてくる。

th_メンフィス兄弟-3183
メンフィス兄弟。が地下1階にて営業している建物には、アコースティック系のライブがよく行われるバー〈BIG MOUTH〉や、サルサやキューバ音楽専門の老舗レストラン〈ボデギータ〉なども入居していて、ちょっとした音楽ビルのようになっている。

階段を下ってドアを開けると、コンクリート打ちっぱなしの無骨な空間が広がる。ドレッドライオンをモチーフにした豪快なペインティングの奥には、バーカウンターとDJブース。そして、大きなJBLのスピーカーが鎮座している。

th_メンフィス兄弟-2810th_メンフィス兄弟-2811 th_メンフィス兄弟-2819th_メンフィス兄弟-2816
店のオーナーは、飯塚アキラさん。20代の頃からずっとバンド活動をしてきたアキラさんは、40代に入って自分の店を開こうと一念発起。そして50歳になった年に、このメンフィス兄弟。を開いた。

「ずっとバンドをやってたんですけど、年齢も40歳を過ぎたあたりで、音楽だけじゃ食えないって状況で、自分に何を出来るかなって考えた時に、店をやるしかないって思って。最初はレコード屋っていうのも考えたんですけど、やっぱり性分として大人数でパーッとやるのが好きだから。そして45歳ぐらいからお金を貯めだして、2011年7月15日にこの店をオープンしたんです」(アキラ)

th_メンフィス兄弟-2999
「僕の場合は、長くバンドをやってたこともあってクラブ・シーンにはほとんど興味がなかったんですね。でも、三宿のクラブ〈web〉で初代店長をやってたマーヴィンは以前に一緒にバンドやってた奴で、彼に誘われていったらクラブに遊びに行ったらめちゃめちゃ面白くて、それでハマっちゃったんですね。それが33歳ぐらいだったから、ホント遅咲きなんですよ。そこからクラブ・シーンを身近に感じるようになりましたね」(アキラ)

th_メンフィス兄弟-2817th_メンフィス兄弟-2886
店で流れるのは、アキラさんがティーンエイジャーの頃から傾倒した、ブルースやリズム&ブルース、ロックをはじめ、レゲエやロックステディなど、ルーツ・ミュージックに根差したサウンド。

「流れる音楽はルーツ・ミュージックが中心で、ヒップホップがちょっとあるぐらい。音源の9割近くはアナログですね。やっぱり、プリミティヴな音楽が大好きなんですよね。店名の〈メンフィス兄弟。〉っていうのは、店をはじめる前から僕自身がDJや音楽活動をする時に名乗ってた名前で。もともとは友達と遊びでスタジオに入ってる時に、仮のバンド名として付けていたものだったんですけど、その話がなくなった後も、その言葉の響きだけがずっと頭に残ってたんです」(アキラ)

th_メンフィス兄弟-2866th_メンフィス兄弟-2823
「メンフィスっていうのは、ソウル・ミュージックの聖地じゃないですか? 自分がバンドでやっていたような日本のブルースも、ジャマイカのロックステディも、メンフィスを挟んで兄弟みたいな音楽だなって。俺に言わせると、ビートルズもストーンズも兄弟。結局、音楽好きな奴らは、みんな〈メンフィス兄弟。〉なんだって言い方も出来るんですけどね。そんな意味や音の響きも含めて、気に入ってます(笑)」(アキラ)

平日はバー営業しているが、店の中核を成すのは、週末に開催されるDJパーティの数々。

「一番長く続いているものだと、開店当初からやってもらってる〈下北ナイトトレイン〉ですかね。ガレージ系のルーツ・ミュージックで名前の知れたDJの関口弘さんを中心に、リズム&ブルースやロッキンブルースなど50年代の曲で踊り狂う、最高のイベントです。最近、バンドを入れることになったので440に拠点を移したんですが、たまにウチでもやってくれてます。あとは橋本徹さんを毎回ゲストに迎える隔月の〈FREE SOUL LOUNGE〉をはじめ、ソウルから和モノまで、いろんなイベントが開催されています」(アキラ)

th_メンフィス兄弟-3026th_メンフィス兄弟-3067 th_メンフィス兄弟-3165th_メンフィス兄弟-3141
最近では不定期ながら、月曜日の夜にアコースティック・ライブを開催。これはアキラさん自身が観たいライブをブッキングしているのだそう。これまでにチエコ・ビューティや、ワダマンボ(カセットコンロス)、Soulcrap、モッチェ永井など、レゲエ/カリブ寄りの個性派が出演している。また、火曜日は〈オープン・ブース・デイ〉として、DJブースを開放。これからDJの練習をしたい人たちが、ドリンク代だけで自由に選曲できるという試みも行っている。

店を開いたことで、アキラさんは古くからの知り合いと再び交流を深めるきっかけになっているという。たとえば、スカ・フレイムスのギタリスト=宮崎研二さんとは、30年前に一緒にブルース・バンドをやっていたそう。たまたま店に遊びに来た宮崎さんと、二十数年ぶりの再会を果たせた。また、シーナ&ロケッツの鮎川誠さんと、先日他界してしまったシーナさん夫妻は近くに住んでいることもあって、店に遊びに来てくれていたそうだ。

th_メンフィス兄弟-2818
「鮎川さんとは、ブルース・バンドをやっていた30年ぐらい前に知り合って、何度か酒の席でもご一緒させてもらったことがあったんです。で、ずっと間が空いて、この店をオープンしてから、鮎川さんと交流の深い山名昇さんがウチでDJをやってくれた時に、お客さんとして鮎川さんとシーナさんが遊びに来てくれて。鮎川さんに昔の話をしても、さすがに覚えてなかったんですけど、以来店のことを気に入ってくださって。昨年5月にあった鮎川さんのバースデイライブの打ち上げもメンフィス兄弟。でやってくれたんです。シーナさんは7月に体調を崩されたので、それ以来お会い出来ないままだったんですが、鮎川さんからも『シーナが来たがってたよ』って伝えてもらって……」(アキラ)

th_メンフィス兄弟-2902th_メンフィス兄弟-3135
「店を続けることで、再び縁がつながったり、あるいは新たな出会いがあったり……たとえば、僕がバンド活動をメインにやっていた時には出会う機会がなかった〈LONDON NITE〉周辺のDr.IharaやKatchin’なども、若いDJを介して友達になれたし。一応、5年近くやってきて、やっとパーティの場所として定着してきたというか。ここに行ったらすごく楽しいよって、いつ行っても楽しいバーティをやってるよって、みんなに知ってもらいたい。そのためには、地道に続けるしかないんですよね」(アキラ)

東京のモッド・シーンを中心に長く活躍し、現在ではワック・ワック・リズム・バンドのボーカルとしても活動している、シンガーのレモンさんも、この店の常連だ。

th_メンフィス兄弟-2930th_メンフィス兄弟-2890
「地元の人たちの憩いの場所でもあるし、イベントやる若者の集いの場所でもある。だから、ここのカウンターにいると、普段自分のまわりにいないようなジャンルの人や、若い人たちと話も出来て、すごく楽しいんですよね。2軒目に連れてくるとみんな楽しんでくれるし、友人はそれからこの店でイベントをはじめたりしてますからね。なので、お客さんや出演者からも、すごく愛されてるお店だと思います。お店の看板も、この店の客や出演者の有志がサプライズでプレゼントしたものですからね」(レモン)

th_メンフィス兄弟-2992
「この小さな規模って、音楽の現場としては一番底辺にあるような場所だ思うんです。だけど、音楽好きがつながっていく場としても機能していきたいし。それに、イベントとかDJも、ここを足場にして育っていってほしいと思ってるんです。そして、集まってくれた人たちが心から楽しんでもらえるような場所……僕が目指しているのは、それだけですね」(アキラ)

th_メンフィス兄弟-3167
撮影/相澤心也



th_メンフィス兄弟-2812
メンフィス兄弟。
東京都世田谷区代沢5-6-14前田ビルB1A
03-5486-3461
午後8時~終了時間不定
水曜&第1・第3木曜定休(不定休の日もあり)

http://memphis-kyoudai.blogspot.jp/
https://twitter.com/DaMemphis
https://www.facebook.com/memphis.kyoudai/


13516651_1278594565513888_972281736159670336_n
メンフィス兄弟。5周年記念
MEMPHIS⑤FEST

8月6日(土)17:30~23:30 東京・新代田FEVER
LIVE:シーナ&ロケッツ、The Ska Flames、Chieko Beauty、レモン、Soulcrap
DJ:山名昇、Dr.IHARA、akiraメンフィス兄弟。


13438806_1280147665358578_2646739129447674532_n
メンフィス兄弟。祝!5周年2DAYS!
7月16・17日(土・日祝前)@東京・下北沢 メンフィス兄弟。
両日とも19:00〜オールナイト/ノーチャージ
Special Live:Taiki from Soulcrap、レモン
DJ:工藤BigH晴康(OPEN校長)、Dr.IHARA(CLUB SKA)、鈴木雅尭(Premium Cuts)、Sho Kikuchi、関口弘(FRATHOP RECORDS)、橋本徹(サバービア)、Katchin'(Crazee Gold Mine)、RYOZO(Rockabilly Graffiti)、印南敦史(Juicy)、Yossy(Version City)、DADDY U(RUMBABOX)、ヒロ岡田(RUDE GALLERY)、Shindo(One Love)、北島友太、マアレイ&PaPa-Takeya、森田社長(下北沢ラテン兄弟)、二見潤、小島正志(FREE SOUL LOUNGE)、ルーシー(shuffle!!)、tetchan'(Rockin’ Blues 日常)、亞繻羅ママ、akiraメンフィス兄弟 …and more

詳しくはhttp://memphis-kyoudai.blogspot.jp/にてご確認ください。


*本記事は2015年3月28日初回公開されたものを加筆修正しました。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TOKYO音楽酒場]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑