xs91rne

TAP the SCENE

愛と栄光への日々〜ブルース・スプリングスティーンが感謝したジョーン・ジェット主演作

2016.12.28

Pocket
LINEで送る

マーティン・スコセッシ監督、ロバート・デ・ニーロ主演の伝説的作品『タクシー・ドライバー』の脚本を書いたポール・シュレイダーは、その後監督業に進出。『アメリカン・ジゴロ』『キャット・ピープル』などを手掛ける中、1981年に新しい脚本を書き上げた。タイトルは『Born in The U.S.A.』。

シュレイダーはこの映画のためのサウンドトラックをブルース・スプリングスティーンに依頼するため脚本を送る。これを読んだスプリングスティーンは、テーマにもストーリーにも感動して快諾。しかし、不運にも様々な問題が生じてしまい、映画製作は頓挫。結果、タイトルだけが生きることになり、1984年にあのベストセラー・アルバムが誕生。クレジットには「ポール・シュレイダーに感謝を込めて」と刻まれた。

シュレイダーは諦めずに映画製作を再開。今度はスプリングスティーンが主題歌をプレゼントする。その「Light Of Day」は映画のタイトルになり、1987年に公開されることになった。

『愛と栄光への日々』(Light Of Day/1987)の主演は、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でチャック・ベリーの「ジョニー・B・グッド」をダックウォークしながら弾いてR&Rの歴史に貢献したマイケル・J・フォックス。そしてランナウェイズでガールズバンドの伝説を作り、脱退後に自前レーベルから「I Love Rock ‘n’ Roll」で全米ナンバーワン・ヒットを放った姐御ジョーン・ジェット。

二人は映画のために実際にバンドを組み、意気投合。吹き替えなしで映画中の音楽を演奏した。撮影2ヶ月前から練習に励み、シカゴのバーに覆面バンドとして登場。「オハイオから来たバーバスターズ」とだけ紹介されただけなので、観客たちは歓喜に包まれたという。

マイケル・J・フォックスは本作で自作曲も披露。ジョーンはもちろん映画初出演。だが見事な演技力で映画の完成に一役買った。二人の母親役には名女優ジーナ・ローランズ。こちらも映画に大きな深みを与えている。アメリカではヒットこそしなかったものの、80年代を強烈に感じる佳作として評価されるべきだし、ロックファンなら決して記憶から葬ってはいけない音楽愛に満ち溢れた作品だ。

物語の舞台はオハイオ州クリーヴランドの工場地帯。ジョー(マイケル・J・フォックス)は工場で働きながら、姉のパティ(ジョーン・ジェット)のバンド「バーバスターズ」でギターを担当している。

町の酒場では人気上昇中で、二人は明日のロックスターを夢見て、未婚の母でもあるパティの子供と三人暮らし。厳格な母(ジーナ・ローランズ)は、反抗的で母親の役目を果たそうとしないパティを家族の厄介者にしている。母と娘の関係は離れるばかりで最悪だった。

家財道具を売り払い、バンを買い込んで巡業の旅に出る「バーバスターズ」。しかし、物事はうまく運ばず、メンバーたちの心は一つにならず、パティは子供をジョーに預けたまま、ヘヴィメタ・バンドに加入してしまう。そんな時、二人の母親が末期のガンであることが判明。死を直前にして、家族の絆は戻るのだろうか………。

ジョーン・ジェットがいるだけで、ステージのシーンは圧巻。86年にリリースしたアルバム『Good Music』から「This Means War」が披露されるだけでなく、ラストシーンではスプリングスティーンの「Light Of Day」をプレイ。映画の後は、今もロックし続ける姐御ジョーンの歌がもっと聴きくたくなるはずだ。

(ジョーン・ジェットのオリジナルアルバム・ディスコグラフィー)
1980 Joan Jett(1981年にBad Reputationとして再発)
1981 I Love Rock ‘n Roll
1983 Album
1984 Glorious Results of a Misspent Youth
1986 Good Music
1988 Up Your Alley
1990 The Hit List
1991 Notorious
1994 Pure and Simple
2004 Naked
2006 Sinner
2013 Unvarnished

「Light Of Day」を演奏して歌うジョーン・ジェットとマイケル・J・フォックス


こちらは「This Means War」

予告編

*日本公開時チラシ
137739_1
*参考/『愛と栄光への日々』パンフレット

この機会にぜひお読みください!
名作映画の“あの場面”で流れる“あの曲”を発掘する『TAP the SCENE』のバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the SCENE]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑