「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the SCENE

月を追いかけて〜ショーン・ペンとニコラス・ケイジの「原風景」

2019.08.16

Pocket
LINEで送る

アメリカには「スモールタウン」と呼ばれる町が数多くある。人口は1万人にも満たず、町のサイズはメイン・ストリートを中心に縦横にわずか数ブロックほど。そこに住んでいる人以外は誰も知らないような、ほんの小さな町。

そんな「スモールタウン」を舞台にした映画といえば、真っ先に『ラスト・ショー』(1971)が思い浮ぶ。2012年に惜しくも亡くなったトラベル作家・駒沢敏器氏は、アメリカを横断しながらスモールタウンだけに立ち寄って短編集のような魅力を放つ物語『語るに足る、ささやかな人生』を描いた。彼は旅の途中、ウィスコンシン州の小さな町で出会った中学生の女の子からこんな声を聞いた。

スモールタウンは、私みたいな作家志望の中学3年生には、最適な場所かもしれません。そもそも都会における情報というのはすべてが断片で、全体としての像を結ばないでしょう? でもこのような小さな町では、ひとりひとりの人生の全体というものが見えるんです。この町の人が喋る言葉には、その人ならではの人生や、静かだけれど確かにその人以外ではありえないような重みがあるんです。


今回『月を追いかけて』(Racing with the Moon/1984)を観て、この少女の言葉が脳裏をよぎった。そして何よりも映画の始まりから終わりまで、何とも言えない心地よさがあった。どうしてだろう? アーバンサスペンスやSFアクションを見慣れてしまった脳には、強くそう感じたのだ。

それは「風景」への憧憬だと思う。家、学校、病院、墓地、図書館、映画館、廃屋。ダイナー、ビリヤード場、ボーリング場、ローラースケート場。森、湖、海、空。ピアノの音、犬の鳴き声、機関車や車やバスの音……それらが「人物」や「ストーリー」と絡み合い、すべてが調和のとれた世界の中で呼吸していた。

日本では、お盆休みや年末年始やゴールデンウィークといった大型連休を使って、故郷へ帰省する人は多い。そこでかつてあった「風景」が失われていく感覚に心を痛めたことはないだろうか。しかし、都市で育った子供世代はそんなことは何も知らない。都市部の人口だけが増え続ける中、そのうち帰省行為すら珍しくなってくるだろう。

常にどこかからタワーマンション工事の騒音が聞こえる“現在新光景”が構築される中、デジタル・ネイティヴの子供たちはゲームとスマホをやりすぎてしまったせいで、もはや何がリアルで否かの区別さえついていない。日本の未来を担う少年少女たちの心には、“風景のロスト感覚”は宿るのか?

──第二次世界大戦中の1942年、カリフォルニアの小さな町。数週間後には海兵隊に赴くことが決まった17歳の二人の若者。一人は彼女を妊娠させてしまい動転する。一人は人知れず金持ちの女の子に恋をする。だが豪邸に出入りする彼女は実はメイドの娘で、期待されてるイメージを振る舞うことに苦悩する。行く者と残る者。それぞれに『語るに足る、ささやかな人生』がある。

物語は二組の恋や友情を描きながら「風景」の中で進んでいく。戦争に現実味を抱かない少年が、病院に担ぎ込まれる兵士たちの現実を見せつけられるシーンはこの映画の真髄。ラストシーンの後、彼らの戦地での運命はどうなるか。オープニングシーンへの示唆が興味深い。

監督は俳優でもあるリチャード・ベンジャミン。二人の若者を演じるのはまだ無名に近かったショーン・ペンとニコラス・ケイジ。今のキャリアを考えると、まさに二人の「原風景」とも言える作品の一つ。

脇を固めるのは、同年『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』に出演して存在感を放ったエリザベス・マクガヴァン。翌年『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で50年代のマクフライ少年を演じることになるクリスピン・グローヴァー。さらにタランティーノ作品でお馴染みとなったマイケル・マドセンなど、こちらにも注目してほしい。また、デイヴ・グルーシンの音楽も「風景」と見事に溶け合っている。

予告編


『月を追いかけて』

『月を追いかけて』


*アメリカ公開時ポスター

*参考・引用/『月を追いかけて』DVD特典映像

評論はしない。大切な人に好きな映画について話したい。この機会にぜひお読みください!
名作映画の“あの場面”で流れる“あの曲”を発掘する『TAP the SCENE』のバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the SCENE]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ