TAP the SONG

キャンディーズに提供した「やさしい悪魔」と、すぐにセルフ・カヴァーした吉田拓郎

2016.04.29

Pocket
LINEで送る

1977年4月21日に発売になったLP『キャンディーズ 1 1/2〜やさしい悪魔〜』の帯には、「拓郎、ビートルズからラン・スー・ミキまで 話題の特別企画」というコピーがついていた。
吉田拓郎によるヒット曲の「やさしい悪魔」のほか、ビートルズなど洋楽のカヴァー曲メンバーが作詞・作曲に挑戦した楽曲が入った内容だったからである。

キャンディーズアルバム

全国のファンの間に衝撃が走った7月に解散宣言を発表する以前、最も売り上げがあったヒット曲が「やさしい悪魔」だった。

イントロに入っている悪魔が忍び寄って来るかのような靴音が印象的なこの曲は、キャンディーズが所属していた渡辺プロダクションの渡辺晋社長が、作詞家の喜多條忠に「3人を大人にしてくれ」と頼んだことで誕生したと言い伝えられている。

喜多條は「全面的に任せるというので、網タイツ姿で歌わせてもいいかと提案したら、構わないと言われて驚いた」と振り返っている。
そうした要望に応えて出来上がった歌詞だったから、確かにそれまでとは違う雰囲気を醸し出すものとなった。

あの人は悪魔
私をとりこにする
やさしい悪魔
レースのカーテンに
あの人の影が映ったら
私の心は もう動けない
Uh ふたりの影はやがて
ひとつのWohWohWoh
燃える シルエット
Ahh DEVIL
MY SWEET LITTLE DEVIL
Woo やさしい悪魔
Ahh DEVIL
MY SWEET LITTLE DEVIL
Woo やさしい悪魔


作曲を手がけた吉田拓郎のリズムとメロディーは、歌謡曲の職業作家と比べると新鮮さを感じさせるものだった。
特に「🎵あの人は悪魔(Ahh)私をとりこにする(Woo)」と語尾を強調する歌い方や、「🎵(Woo) ふたりの影はやがて ひとつの(WohWohWoh)」という譜割りには、ロカビリー全盛時代のポップスや「上を向いて歩こう」にも通じる雰囲気があった。
そこには確実にノリが良くなるという効果もあった。

洋楽やロック、フォークを好む高校生や大学生にまでキャンディーズのファン層が広がったのは、そこにも要因があったのかもしれない。
その当時に人気が爆発していたピンク・レディーが、ヒット曲を出すごとにファン層が低年齢化していったのとは対照的だった。



しかし斬新さを打ち出したために、歌唱の難易度が高かったのでレコーディングは難航したという。
イントロの靴音を録音する際に、吉田拓郎は様々な靴で何度も試行錯誤するなどのこだわりを見せた。

これは「結婚しようよ」のときに師匠格の加藤和彦がイスを叩いて鳴らした音を効果的に使ったのを目の当たりにして、「目からウロコでした。パッ、と目の前の音楽観が広がった」と語ったエピソードに、どこかでつながりを感じさせる。

(参照コラム・吉田拓郎が”音楽の師匠”と呼ぶ加藤和彦との出会いから生まれたヒット曲「結婚しようよ」

ギター持参でスタジオに入った吉田拓郎が付きっきりで歌唱指導して、各メンバーの力を存分に引き出そうとしたことで、コンディションのすぐれなかった伊藤蘭が泣き出すシーンもあったという。

しかしその厳しさがあったからこそ美しいハーモニーと、ごきげんなビート感のある仕上がりになったのだろう。
このときの吉田拓郎は単なる作曲家としてだけでなくプロデューサー的に関わっていたと思われる。

そして「やさしい悪魔」がヒットしていた1977年4月25日、吉田拓郎はほかの歌手への提供曲などをセルフ・カヴァーした楽曲を中心に、石原裕次郎の「夜霧よ今夜も有難う」や郷ひろみの「よろしく哀愁」なども歌ったアルバム『ぷらいべえと』を発売している。

a

そこには師匠の代表作「悲しくてやりきれない」とともに、キャンディーズの「やさしい悪魔」もしっかりと収められていた。
キャンディーズのアレンジとは雰囲気が違って、ここではシンプルなギターサウンドでサッパリとした感じで歌っている。

アルバムのジャケットを飾ったのも、拓郎自身が描いた伊藤蘭の絵だった。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the SONG]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑