永六輔 さすらいの旅

TAP the SONG

ヨーロッパでもアフリカでも歌われていた「遠くへ行きたい」

2016.05.06

Pocket
LINEで送る

日本テレビ系列で1970年から放送されている長寿番組が『遠くへ行きたい』、そのテーマソングとして今でも使われている歌が「遠くへ行きたい」である。

NHKの音楽バラエティ『夢であいましょう』の「今月の歌」として、1962年に書き下ろされた時にオリジナルを歌ったのはジェリー藤尾だった。

それ以来、デューク・エイセス、渥美清、小林旭、上條恒彦、石川さゆり、さだまさし、元ちとせ、森山良子など、実に様々な歌手たちに歌い継がれてきたスタンダード・ナンバーだ。
ところでジェリー藤尾は最初のレコーディングについて、シンプルであるがゆえに歌詞を理解して歌うのが難しかったという。

たしか「遠くへ行きたい」の時のレコーディングは、夜の七時から始まって、終わったのが朝の五時だったという覚えがありますね。
この曲、全部で4分ぐらいあるわけですよ。それを途中でちょっとはずしたら、もう一回、最初からやり直しですからね。
同時録音でしたしね。自分ではうまくいったと思っても、「はい、もう一回お願いします」ですからね。


永六輔 遠くへ行きたい

それからずいぶん時が経ってから、ジェリーは作曲した中村八大に一通の手紙を見せてもらった。
アフリカのアルジェリアに単身赴任している商社マンからで、その文面には意外なことが書かれてあった。

たまたま入ったバーで、懐かしい日本の歌を聞きました。
その曲は「遠くへ行きたい」でした。
東欧系の女性のピアノの弾き語りで歌われたこの曲を聞いて、涙が出てとまりませんでした。
聞けば、ソ連を始めとした東欧諸国で大変に人気がある歌なのだそうです。


「遠くへ行きたい」は「上を向いて歩こう」に続いて、1962年にヨーロッパの国々でレコードが発売になったのだ。
それが“鉄のカーテン”を飛び越えて、ソ連や東欧諸国でも親しまれていたという。

ソ連から日本に来た駐在員によってザ・ピーナッツの「恋のバカンス」が、ソ連で大ヒットしていたように、抒情性のあるメロディに惹かれて、誰かが東欧諸国にレコードを持ち込んだのかもしれない。

<参照コラム・ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」が、ロシアで大ヒットしてスタンダードになった

そんな「遠くへ行きたい」のメロディは、中村八大が新宿で飲んだ後で自宅に帰る車中で浮かんだものだった。

同じ時期に九州を旅行していた永六輔は、自信のある歌詞を書き上げて中村八大に送ってきた。
そこには人と人との出会いと別れをテーマにした、40行にも及ぶ長くて素晴らしい詞が書かれていた。

しかし中村八大が書いた曲は、ゆったりとした曲調だったので、どうしても少ない言葉しか乗らない。

「遠くへ行きたい」
作詞:永 六輔、作曲:中村八大

知らない町を 歩いてみたい
どこか遠くへ 行きたい
知らない海を 眺めていたい
どこか遠くへ行きたい
遠い街 遠い海
夢はるか 一人旅
愛する人と めぐり逢いたい
どこか遠くへ 行きたい

愛し合い 信じ合い
いつの日か 幸せを
愛する人と めぐり逢いたい
どこか遠くへ 行きたい


40行のうちで使われたのは「知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ行きたい」という歌い出しなど、ごくわずかな部分だけになった。

それを知って永六輔は怒ったが、中村八大と話し合ってから納得してくれたという。
この時のことを中村八大が、このように振り返っている。

見て読むだけの詞なら四十行は絶対に要るけど、メロディーがついて、さらに歌手が歌った場合はイメージも倍々になる。
だから詞は八分の一でいいんじゃないかというふうに話して、彼もまたそれを理解してくれて、あの歌ができた。
(『ぼく達はこの星で出会った』中村八大著、永六輔、黒柳徹子編)


歌詞の持つ想いやメッセージを聞き手に伝えるには、少ない言葉からイメージを膨らませてもらった方が効果的な場合もある。

「遠くへ行きたい」は完成から7年以上が過ぎた後に、永六輔が旅をする番組『六輔さすらいの旅~遠くへ行きたい』のテーマソングに採用された。


その後スポンサーと折り合いがつかずに、永六輔は番組を降板してしまったが、現在に至るまで『遠くへ行きたい』は長寿番組となり、テーマソングも変わらずに使われ続けている。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the SONG]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑