TAP the SONG

忌野清志郎が日本に蘇らせたエルヴィス・プレスリーの「ラブ・ミー・テンダー」

2013.11.15

Pocket
LINEで送る

エルヴィス・プレスリーの初主演映画は南北戦争を舞台にした西部劇、「The Reno Brothers(原題・リノ兄弟)」のために作られた「ラブ・ミー・テンダー(Love Me Tender)」は、レコードが発売される前からゴールド・ディスクと認定された。

1956年9月にエルヴィスがテレビの人気番組「エド・サリバン・ショー」に出演、この曲を歌ったところ翌日には100万枚を超える予約が入ったからだ。

その年の年頭に「ハートブレイク・ホテル(Heartbreak Hotel)」を大ヒットさせたエルヴィスは、全米中にセンセーションを巻き起こしていた。
ロックンロールの体現者として登場したエルヴィスに、全米ばかりかイギリスでも若者たちは熱狂し、その勢いには凄まじいものがあった。それゆえに良識ある大人たちはそのような現象を警戒し、あちらこちらから轟々たる非難の声が上がった。

wkd-elvis-presleyエルヴィスの

ところが「どんなことがあってもエルヴィスだけは自分の番組に出演させない」と宣言していた“良識ある大人”の代表、エド・サリバンが自分がホストを務める番組の「エド・サリバン・ショー」に、立て続けに出演させたことによって、世間の風向きは急速に変わった。

さらにはアメリカ南部に住む白人なら聞き覚えのある懐かしいメロディーに、甘い歌詞がついた「ラブ・ミー・テンダー」をエルヴィスがソフトなヴォーカルで歌ってヒットさせると、大人たちの間でも次第に好意的に受け入れられるようになっていく。

Love me tender,Love me sweet,
Never let me go.
You have made my life complete,
And I love you so.
やさしく愛して 甘く愛して
決して僕を放さないで
君は僕の人生を満たしてくれた
愛している


元になった「オーラ・リー(Aula Lee)」は南北戦争時代の1861年に、初めはミンストレル・ショウの歌として発表されたものだが、南軍の兵士の間で口コミで広まって愛唱され、それからは長きにわたって歌い継がれていた。

「ラブ・ミー・テンダー 」が大ヒットしたのを見て、20世紀フォックス社は急いで映画の題名を「Love Me Tender」に変更して公開しる。
そこから続く13年間で、エルヴィスは30本を超える映画に出演して、多くの主題歌や挿入歌をヒットさせることにもなった。



日本でもエルヴィスによって有名になったこのラブ・ソングに、オリジナルとはまったく異なる歌詞をつけたのは、RCサクセションの忌野清志郎である。

何言ってんだー、ふざけんじゃねー
核などいらねー
何言ってんだー、よせよ
だませやしねぇ
何言ってんだー、よせよ
だませやしねぇ
何言ってんだー、やめときな
いくら理屈をこねても
ほんの少し考えりゃ俺にもわかるさ
放射能はいらねえ、牛乳を飲みてぇ

この「ラブ・ミー・テンダー」を収録したRC サクセションの洋楽カバー・アルバム、『COVERS(カバーズ)』は洋楽のヒット曲に忌野清志郎が独自の日本語詞をつけて、東芝EMI(現・ユニバーサルミュージック EMIレコーズ・ジャパン)から1988年8月6日、すなわち広島に原爆が落とされた日に発売される予定になっていた。

しかし「ラヴ・ミー・テンダー」と「サマータイム・ブルース」の2曲の歌詞が、明らかに反核と原子力撤廃を歌っているという理由で、日本の原子炉サプライヤーである親会社の東芝から圧力がかかった。
そして子会社の宿命でレコード発売が取りやめになったので、当然のようにアーティストや音楽ファンは強く反発した。

『COVERS(カバーズ)』はこの時、6月25日に発売が予定されていた先行シングル「ラヴ・ミー・テンダー」ともども、世の中から抹殺されかかったのだった。
ところがマスコミに取り上げられたことで、音楽ファンの関心が急速に高まり、RCサクセションが東芝EMIに移籍する前の古巣だったキティレコード(現・ユニバーサルミュージック)から、8月15日の終戦記念日に発売されることになった。

発売中止の騒ぎは皮肉なことに大きな宣伝効果をもたらし、アルバムはオリコンのチャートで1位を獲得するという結果になった。
「ラブ・ミー・テンダー」もまた、原子力発電を非難する反原発ソングとして日本に蘇り、そのストレートなメッセージは今日まで伝えられている。

「ラブ・ミー・テンダー」忌野清志郎

「オーラ・リー(Aula Lee)」

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the SONG]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑