「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the SONG

ジャニス・ジョプリンの「ムーヴ・オーヴァー」をカヴァーしたGLIM SPANKY(グリム・スパンキー)~〈吐きすて〉の歌の系譜⑥

2016.10.07

Pocket
LINEで送る

ジャニス・ジョプリンの遺作となったアルバム『パール』で、1曲目を飾っていた「ムーヴ・オーヴァー」は代表曲のひとつとして知られる。

終わったんだってあんた、言ったわよね
もう、私たちは終わったんだって
なのにどうして私のそばをうろついてるの
ねえ、どっかへ消えてよ


自分から別れておきながら、なぜかそばをうろついている元彼に対して、ジャニスは「Move Over」という言葉を言い放つ。
「ムーヴ・オーヴァー」は〈吐き捨て〉の歌の典型と言える。



この歌が発表されて40年以上が過ぎた2014年、ロックとブルースを基調にした男女二人組からなるロック・ユニットのGLIM SPANKY(グリムスパンキー)が、CMでカヴァーして話題になった。

というのもCMから流れてくる歌声がジャニス・ジョプリンのハスキー・ヴォイスと似ていたので、ジャニスの歌だと思い込んだ人も多かったからだ。
それを歌っていたのが平成生まれで、当時はまだ22歳の松尾レミである。



しかし「ジャニスの再来!」などという声に対して松尾レミは、あっさり大人たちの期待をかわして突き放す。

「私がたどってきた音楽、ルーツの中にジャニス・ジョップリンはいないんです。ジャニスになりたいわけでもないし、目指してもいない。CMで歌わせていただいたのは光栄ですし、そのおかげで注目が集まったのは、もちろんうれしいんですけど、ね(笑)」


そんなクールさを持つ一方で、オリジナル曲の「褒めろよ」を聴けば、無骨とも言えるような手応えがあるロックは、ジャニスとも碓かに通底するものが感じられる。


お世辞何度吐いたって
単純な馬鹿には見抜けないのさ
今日もよいしょしとけばいい
いまに天まで昇り詰めて消えてくさ


人気アニメ「ONE PIECE」の映画版で使われた「怒りをくれよ」もそうだったが、GLIM SPANKYは21世紀に突如として日本に現れた〈吐きすて〉の歌の系譜に連なるバンドだ。

ロックもパンクも身体の中から湧き起こる初期衝動を、そのまま吐き出すことで世界に通じた面もある。

GLIM SPANKYの目標は「日本語ロックでの世界進出」であるという。
世界がぐっと近づいてきた現在ならば、不可能ではないと期待したい。





Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the SONG]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ