TAP the STORY

ジョー・ストラマーとミック・ジョーンズをつないだ中国の占い

2015.10.17

Pocket
LINEで送る

ジョー・ストラマーとミック・ジョーンズが初めて言葉を交わしたのは、1976年4月3日だといわれている。
ジョーが当時組んでいたバンド、101ers(ワン・オー・ワナーズ)のライブを観に行ったミックは「バンドはひどいが、お前のことは気に入った」とジョーに声をかけたそうだ。

当時、ミック・ジョーンズは新しいバンドの結成に向けてリード・シンガーを探していた。
ミックのマネージャーでのちにクラッシュのマネージャーとなるバーニー・ローズの推薦もあり、バンドはジョー・ストラマーをバンドに加えようと動き始める。

5月下旬、彼らの誘いを受けたジョーは、自身のバンドを続けていくか、バンドを抜けてミックの新バンドに入るか、を中国の易経で占うことにした。

結果は「友といるべし」だった。

普通ならそれまで共に活動してきたバンドメンバーを「友」と解釈するだろうが、ジョーは新しいバンドのメンバーこそが自分の「友」となるのだろうと解釈した。
もしかしたら、内心ではすでに答えが出ていたのかもしれない。
こうしてジョーは101ersを抜け、ミック・ジョーンズらとバンドに加わることを決める。

6月1日、ミックやポールがリハーサルをしているところへ、バーニーとキースに連れられたジョーが現れた。
ミックによればこのとき「俺たちは全員びびってた」というが、それというのもジョーはすでに地元で知られた存在であり、さらには他のメンバーより3歳も年上だった。

しかし、ジョーがバンドに溶け込むのに時間はかからなかった。お茶を飲みながら話をしたり互いの曲を紹介したりしているうちに打ち解けあうと、午後からは早速リハーサルが始まる。

そして、この日からジョーとミックは2人でクラッシュの楽曲を作り出していく。
まずジョーが手早く詞を書き上げるとそれにミックが即座に曲をつけるといった調子で、2人は次から次へと曲を書き上げ、バンドがそれを形にしていった。

最初に出来たといわれる「I’m Bored With The U.S.A」は、もともとミックの書いたラブ・ソングで「I’m Bored With You」という曲名だった。ところがジョーが“You”を“U.S.A”にしたことで、この歌は「反アメリカ」のメッセージ・ソングへと生まれ変わったのだ。

「互いにドンパチ打ち合ってたようなもんさ。ミックが『Career Opportunities』っていう曲を作りたいって言うだろ。するとオレが『わかった。じゃあお前はポールとケンタッキーにでも行ってポテトコロッケでも買ってきてくれ』って言って、あいつらが外出してる間に歌詞をひねり出すんだ」


ポール・シムノンが新聞記事で目にした「Clash」という単語から、ザ・クラッシュと命名されたこのバンドは、わずか1ヶ月で新曲を揃えるとセックス・ピストルズの前座として人々の前に現れ、 翌年には1stアルバム『白い暴動』をリリースしてピストルズと並ぶパンク・ムーブメントの中心的存在となっていく。




ザ・クラッシュ『白い暴動』
SMJ

(2015年3月28日公開/2015年10月17日改訂)


こちらのコラムも合わせてどうぞ
ジョー・ストラマー~死の直前に叶ったかつての相棒とのステージ

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the STORY]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑