TAP the STORY

ジョー・ストラマーが自らの死の直前にキャッシュに捧げた歌

2015.05.09

Pocket
LINEで送る

2002年の4月、ジョー・ストラマーはロスアンゼルス郊外のベルエアにあるジェリー・ハリントンの家で、イースターの休みを過ごしていた時、偶然に旧友のリック・ルービンと再会した。

ジョニー・キャッシュのプロデュースをやっていたルービンは、依然としてキャッシュに歌わせる曲を探しているのだとジョーに言った。
ジョーが以前、リックから頼まれて作った曲「ザ・ロード・トゥ・ロックンロール」は、キャッシュから「あの曲は私のイメージとは違う」と却下されていた。

敬愛するキャッシュに自分の曲を歌ってもらいたいと思い続けていたので、ジョーはひらめいた歌詞をガレージにあった破れた段ボール箱に書き始めた。

迫り来る死を予感していたかのように、遺言という言葉を用いた「ロング・シャドウ」は、ボブ・マーリィの「リデンプション・ソング」にも通じる別れの歌だったのかもしれない。


You didn’t even once relent
You cast a Long Shadow
And that is your testament
Somewhere in my soul,
there’s always Rock and Roll

思い返せば
一度として圧力に屈したことはない
あんたが投げかけた長い影
それが遺言
俺の魂のどこかでは
いつもロックンロールが鳴っている


しかしキャッシュはまたしてもジョーが作ってきた歌に、首を縦に振ってくれなかった。

結局のところリック・ルービンの自宅で行われたレコーディングでは、ボブ・マーリィの「リデンプション・ソング」が、ジョーとキャッシュのデュエットで録音された。

「リデンプション・ソング」はボブ・マーリーが亡くなる前年に発表したラスト・アルバム、『アップライジング』の最後に入っていた。いわば遺書のように残された名曲だった。


長い回り道ではあったが、ジョーはアメリカン・ミュージックの偉大なるイコンであるキャッシュと、「リデンプション・ソング」をデュエットで歌うという念願を果たした。

だがその年の12月、ジョーは突然、50歳の若さで心臓疾患のためにこの世を去ってしまう。

残された音源を元に翌年、ザ・メスカレロスのメンバーによって遺作となったジョーのラスト・アルバム、『ストリートコア』がジョー・ストラマー&ザ・メスカレロスの名義で発表された。

そこにはキャッシュに捧げた「ロング・シャドウ」と一緒に、一人で歌った「リデンプション・ソング」も収められていた。



<どうぞこちらも併せてお読みください>
TAP the NEWS「救いの歌〜二人のカリスマの出会いと死〜」


1LP

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the STORY]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑