TAP the STORY

かつての栄光の歌手という道が始まった~坂本九の27歳

2017.08.12

Pocket
LINEで送る

エルヴィス・プレスリーに憧れてロックンロールに目覚めた坂本九が、バンドボーイを振り出しに米軍キャンプやジャズ喫茶でのライブで経験を積み、「日劇ウェスタンカーニバル」の舞台に立ったのは1958年の夏のことだ。

そのとき18歳、歌ったのはリトル・リチャードのカヴァー曲、R&Bの「センド・ミー・サム・ラヴィン」だった。

ダニー飯田とパラダイスキングのヴォーカル担当として人気が出始めると、坂本九は持ち前の明るい笑顔と面白いアクション、人懐っこいキャラクターで、テレビという新しいメディアを通して日本で最初のアイドルになっていく。

坂本九はエンターテイナーの資質を持っていただけでなく、それに磨きをかけようと日頃から意識的だった。

「坂本九ってのは、おかしなやつだというので、テレビで使われ始めたころから、ぼくは、番組のなかで、どこか一ヶ所だけ人と変わったことをしてやれと努力しました」


明るくてコミカルな「悲しき60才」やR&Bのカヴァーによる「ステキなタイミング」、エルヴィスをカヴァーした「GIブルース」、オリジナルの「九ちゃんのズンタタッタ」など、続けざまにシングル盤がヒットしたのは1960年から61年にかけてのことである。

坂本九パラ金
坂本九GI

そして7月21日には運命を決めた楽曲「上を向いて歩こう」と出会い、それを中村八大のリサイタルで歌っている。
これがNHKの音楽バラエティ『夢であいましょう』で取り上げられて大反響を呼んだことから、10月にはレコードが発売になって大ヒットを記録した。

こうして人気が急上昇し坂本九は20歳になると同時に、アイドルとしての人気者というだけでなく、独特の華やかさを放つ歌手として認められる。

それから1年半が過ぎた1963年の春、坂本九の歌う日本語のまま「上を向いて歩こう」がアメリカのラジオ局で流れ始めた。
ノンプロモーションにも関わらず多くのリクエストが寄せられたので、キャピトルから急きょ「SUKIYAKI」というタイトルで、レコードが正式に発売されたのは4月の終わりだった。

それが1963年6月15日から3週間、全米シングルチャート1位に輝く快挙を達成したのである。



本人も知らないところで音楽史に残る世界的なヒット曲になったのは、楽曲やアレンジが良かったことはもちろんだが、坂本九のキュートな歌声が言葉の壁を超えて、世界中のティーン・エイジャーの心に届いたからだった。

そうした話題もあって日本でも「上を向いて歩こう」がリバイバル・ヒットしたその年は、自らが希望して主演したミュージカルの主題歌「見上げてごらん夜の星を」がヒットし、さらに新曲の「明日があるさ」も続けてヒットした。

老若男女を問わずあらゆる階層の人たちから支持される国民的なスターとなった坂本九は、歌うだけでなく演技も司会も出来るオールマイティのエンターテイナーを目指して精進を重ねていく。

sukiyaki_mv_007


マルチ・タレントとしてテレビ、映画、舞台に引っ張りだこの日々が続くなかで、NHK「紅白歌合戦」の司会という役を引き受けたのは1968年のことである。
そのとき27歳、オールマイティなエンターテイナーとしては頂点に登りつめたことになる。

しかし、誰もが理想とする好青年という役割を与えられたためなのか、歌手としてはかつてのようなヒット曲が出なくなりつつあった。
「紅白歌合戦」の司会を引き受けたときから、”かつての栄光の歌手”という道が始まったのはショービジネス界の宿命だ。

年が明けた正月に発行された後援会の会報に、坂本九は「27才の夜明け」と題する所感を寄稿していたが、正直にこう語っている。

「今年は何としてもいい唄、ヒットする唄を出したいですね。そして、その歌を歌いたい」


だが1968年から69年にかけて日本の音楽シーンは、あらゆる面で新旧交代が始まって大きな変革を遂げていく。

その年はカルメン・マキの「時には母のない子のように」、由紀さおりの「夜明けのスキャット」、ちあきなおみの「雨に濡れた慕情 」、藤圭子の「新宿の女」と新人の女性歌手による孤独な歌や暗い歌が好まれた。

それは激動の60年代という時代の終焉を、歌を作る側も受け取る側も敏感に察知していたからだろう。
そして1970年代に入ると同時に、若いシンガーソングライターたちの活躍する時代がやって来る。

坂本九は新しい表現の道を模索して、自分でも少しづつソングライティングに挑戦し始めていく。

私生活では1971年に女優の柏木由紀子と結婚して家庭を築き、2年後には長女が誕生した。
結婚によって家庭を持ったことを機に芸能活動は安定したペースに入り、テレビのドラマ出演やナレーション、司会と仕事の幅は広がった。

1973年にスタートしたNHKの人形劇「新・八犬伝」では進行役とナレーションを務めて、ドラマを盛り上げるだけではなく多くの子供たちをファンにした。

そして1975年には単身で渡米し、アメリカのアレンジャーとミュージシャンとともにレコーディングを行っている。
これはアメリカでの知名度を利用して、日本の新しい歌を世界に向けて発売するという試みだった。



若いシンガー・ソングライターたちの手で生まれた新鮮な楽曲のなかから、長く歌い継がれていくであろうと思われる楽曲をカヴァーしたアルバムは、『ターニング・ポイント』と名付けられた。

まだブレイクする前だった小田和正の曲が1曲めに選ばれているように、そこで取り上げられた楽曲は粒ぞろいで個性的だった。
かつての栄光の歌手というポジションに安住するのではなく、日本のスタンダード・ソングを発見して育てていく、ほんもののシンガーへと坂本九が新しい一歩を踏み出していたことがわかる。

『ターニング・ポイント TURNING POINT 坂本九』
 
○A面
1.やさしい雨(作詞・作曲:小田和正)
2.心もよう(作詞・作曲:井上陽水)
3.東京(作詞・作曲:森田貢)
4.ミスター・クラウディスカイ(作詞・作曲:五輪真弓)
5.22才の別れ(作詞・作曲:伊勢正三)
6.神田川(作詞: 喜多條忠 作曲:南こうせつ)
 
○B面
1.うちのお父さん(作詞・作曲:南こうせつ)
2.襟裳岬(ELIMO)(作詞:岡本おさみ 作曲:吉田拓郎)
3.氷の世界(作詞・作曲:井上陽水)
4.心の旅(作詞・作曲:財津和夫)
5.若者たち(WHY)(作詞:藤田敏雄 作曲:佐藤勝)
6.悲しい歌は唄わない(作詞・作曲:吉川忠英)


あまりに先駆的であったことからこのアルバムは商業的に成功しなかったが、21世紀に入ってから起こるカヴァー・ブームの魁となる画期的なものであった。



TAP the POP 2周年記念特集 ミュージシャンたちの27歳~青春の終わりと人生の始まり〜

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the STORY]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑