story_140111

TAP the STORY

ノーパンの魔女

2014.01.11

Pocket
LINEで送る

「リンダがジョニーとリハーサルをしていたの。
見ていたジューンは彼女がノーパンだと気づき、楽屋にもどってきてこう言ったわ。
“誰かブルマーを買ってきて!リンダが夫に見せびらかしてる!”
下着をはけと言われたリンダは“はかないほうが歌えるわ!”と腹を立てたわ。
だけど“夫の前ではダメ!”とジューンにキツく言われて、ようやくはいたの」

『ジョニー・キャッシュTVショー』のヘアスタイリストを担当していたペニー・レイン氏は、こう証言している。
lr2
それは1969年の6月に放映されたTV番組の収録中で起きた事件だった。
当時ジョニー・キャッシュ(37歳)は二人目の妻ジューン・カーター(39歳)と結ばれたばかりで、まさに“新婚ホヤホヤ”の身。
その日、司会のジョニー・キャッシュがゲストとして迎えたのは22歳でソロデビューを果たしたばかりのリンダ・ロンシュタット。
そこで二人はカーター・ファミリーの「I Never Will Marry」という切なくも美しいカントリーバラードをデュエットした。
愛する人に先立たれた女性が深い海に身を投じる、という内容の歌だ。

私は絶対に結婚しません
誰の妻にもなりません
ずっと独身でいるつもりです…この先ずっと

タイトなミニワンピースでジョニーに寄り添い…瞳を見つめながら歌うリンダ。
ジョニーがいつもより上機嫌だったことは誰の目から見ても明らかだった。
彼女はこの共演をきっかけに、数年に渡りジョニーの刑務所慰問コンサートに参加した

70年代に入り、彼女は、“もうひとりのイーグルス”と呼ばれた男J.D.サウザーと恋愛関係にありながら、
ローリング・ストーンズのミック・ジャガーとも浮き名を流したこともある。
しかし、ミックとは噂だけで「良き友人だったけど、ロマンスは一度もなかった」と、後に本人がはっきりと否定している。
ジョニー・キャッシュとのロマンスに関しては、ジューンの怒りを恐れてか?今も本人から語られる事はない。
彼女の“魔法”は、現カリフォルニア州知事ジェリー・ブラウンから映画監督ジョージ・ルーカスにまでに及んだ。

“恋多き女”のイメージを持たれながらも、その一方で養子を2人も迎えて子育ても経験した。
素顔のリンダは“ノーパンの魔女”とは程遠い、家庭的な女性だったのだ。

2011年、65歳になったリンダは引退を表明。
「もう私の歌を聴いてもらう価値がなくなってしまったの」と、短いコメントを残して。
そして、今も独身のままでいるという。
あの日、ジョニーと歌った曲が何かの予言か運命だったかのように…。

sibp106
『ベスト・オブ・ジョニー・キャッシュTVショー』
2008年/ソニーレコーズ インターナショナル
<解説>
当時ジョニー・キャッシュ(37歳)
1969年、ジョニー・キャッシュはカントリー音楽界の大御所カーター・ファミリーのメイベル・カーターの次女を妻に迎え、仕事では初のグラミー賞を受賞し、さらにはTVで冠番組をスタートさせ、見事シーンに返り咲いた順風満帆の時期だった。

数年に渡りジョニーの刑務所慰問コンサートに参加した
70年代初頭、リンダはナッシュビルにあるテネシー刑務所で行われたコンサートで、自身のデビュー当時にバックバンドを務めたイーグルスの名曲「Desperado(ならず者)」を囚人達に捧げた。同曲はジョニー・キャッシュも晩年にレコーディングし、素晴らしいテイクを残している。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the STORY]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑