story_170311

TAP the STORY

ロン・ウッド27歳〜ストーンズから誘い、ソロアルバム『俺と仲間』の製作〜

2017.03.11

Pocket
LINEで送る

それはロン・ウッドが27歳を迎えた1974年の出来事だった。

「あの時、ミックと俺は取り決めを交わしたんだ。“I Can Feel the Fire”は俺のものにしていい代わりに“It’s Only Rock’n’Roll (But I Like It)”はストーンズのものにするってね。当時、俺にはミックのように交渉する力などなっかたんだけど…今思うと、それでよかったと本当に思うよ。」


1974年5月、数ヶ月間スイス滞在を終えたキース・リチャーズは、ロンドン南西部にあった特別区リッチモンドにあったロン・ウッドの家に居すわっていた。
二人は昼夜を問わず酒を呑み、ギターを鳴らし、一緒にザ・フーのコンサートに出かけるなどしながら、今までにないくらいの“急接近”をしていたという。
当時、ロンは1stソロアルバムの製作準備を進めていた。
同月の末(5/28)、ロンの自宅スタジオにはキースに加えてミック・ジャガーやミック・テイラー、それにエリック・クラプトンやジョージ・ハリスンまでが姿をあらわし、一大セッションを行ったという。
ロンはこのセッションを一つのターニングポイントとして、本格的なレコーディング作業をスタートさせることとなった。
そして一方で以前から自宅が近所ということもあって、ロンとミックはよく一緒に曲作りをしていたという。
ロンは自伝に当時のことをこんな風に綴っている。

「俺が“I Can Feel the Fire”を書いているとき、ミックが作曲の手助けをしてくれたんだ。同時期に俺はミックが書こうとしていた“It’s Only Rock’n’Roll (But I Like It)”の創作の手助けをしたんだ。レコーディングではデヴィッド・ボウイと俺がバックコーラスをしたよ。あの“アイライクイット!アイライクイット!”と歌っている声は俺達なんだ。ストーンズは出来上がった曲を1974年の7月にリリースし、USチャートの首位に立った。彼らは数ヶ月後にリリースが決まっていたアルバムにもそのタイトルを用いたんだ。あんな感じでセッションの中から生まれた曲は幾つかあるけど、誰がどの部分を書いたとか真相なんて誰にもわからないんだ。当時、俺達はそこいら中でアイディアをやりとりしていたからね。」



ストーンズへの加入については同年の早い時期にミックから直接誘いを受けていたとロンは語る。

「ロバート・ステックウッド(RSOレーベルの社長)のホームパーティーに向かう途中、一緒に乗っていた車の中でミックが俺に“ストーンズに加わらないか?”と言ってきたんだ。でも、その時は“俺はフェイセズのメンバーだからね”って答えて断ったんだ。」


水面下でこんなやり取りをしながら、ロンはその年の春から夏にかけて自宅スタジオでレコーディング作業にいそしんだ。
フェイセズのロッド・スチュワートとイアン・マクレガンに加えて、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズ、ミック・ジャガー、ミック・テイラーも参加して完成したアルバムには『I’ve Got My Own Album to Do(俺と仲間)』というタイトルがつけられた。
このタイトルにすることをアドバイスしたのは、他でもないミックだった。
ミックと共作した「I Can Feel the Fire」から軽快にスタートするこの名盤は、長きに渡ってロックファンに愛され続けている。


<参考文献『俺と仲間〜ロン・ウッド自伝〜』ロニー・ウッド(著)、五十嵐正(翻訳)シンコーミュージック>

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the STORY]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑