TAP the STORY

世代を超えて通じ合う、アウトローの心

2014.02.08

Pocket
LINEで送る

カート・コバーンが「ジョニー・キャッシュのようなシンガー・ソングライターとして評価されたい」と憧れを公言していたように、カートの自殺の1ヶ月前にデビューを果たしたベックもまた、ジョニー・キャッシュに強く影響を受けたアーティストのひとりだった。

「私が、1995年にハリウッドのパンテージズ・シアターで演奏していた時に、ベックが私のためにショーを開いてくれたんだ。バックステージで彼の音楽を聴いていたんだけど、アパラチアン・ミュージックであるヒルビリーの演奏にとても感銘を受けたのを覚えている」

1997年、テレビ番組の取材を受け、ジョニー・キャッシュはベックについてこう語った。
40歳近い年の差がある二人だが、両者は共鳴しあう感覚を持っていた。

「彼はとても巧みだった。いろんな曲を演奏していたけれど、とくに〈Rowboat〉は好きだった。私が60年代に作っていたかもしれないような曲だ。当時、私も同じようにつらい経験をしたことがあったからね」

Johnny Cash talks about Beck documentary TVshow 1997

ベックのライブで初めて聴いて以来、「Rowboat」は幾度かキャッシュのステージでも披露され、American Recordingシリーズで正式にレコーディングもされた。

船を漕げ 向こう岸まで連れてってくれ
彼女は 友達にもなりたくないんだと
彼女は穴を掘った 俺の心の奥底に
彼女は 友達にすらなりたくないんだと

芸術家の祖父、音楽家の父、ヴィジュアル・アーティストの母という家系に生まれたベックは、高校中退後、家を飛び出して、ヨーロッパやアメリカ国内を放浪して生活していた。

「僕が10代の頃はギリギリの生活だった。ただ、ホームレスをやっていても悲惨だって感じなかったね。僕には音楽があったから、いつも裕福だった」

パンテージズ・シアターでジョニー・キャッシュのために演奏したベック。彼はその時に、ジミー・ロジャースの「Waitin‘ For A Train」のカバーを披露している。この曲もまたジョニー・キャッシュの古いレパートリーであり、流れ者の歌であった。

ジョニー・キャッシュとベックは、時代を超えて、同じ景色を見ていた。

Unchained+johnny_cash_
ジョニー・キャッシュ
『Unchained』
Lost Highway(1996年)
Johnny Cash「Rowboat」
Beck「Waitin For A Train」 Live at Pantages Theater 1995
ベックは、約5年ぶりのアルバム『Morning Phase』を2月25日にリリースする(日本国内盤は2月26日)。
beck
ベック
『Morning Phase』
Hostess Entertainment
Beck「Blue Moon」audio

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the STORY]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑