story_140315

TAP the STORY

ディランがカントリーの聖地、ナッシュビルに求めた救い

2014.03.15

1969年2月、ボブ・ディランはカントリーの聖地、ナッシュビルにいた。
激動する時代の波にのまれ、バイク事故による休養も重なってコンサートから遠ざかっていたディランが、復活を計るために選んだ地がナッシュビルだった。

スタジオで新作のレコーディングを終えようとしていたある日、隣でレコーディングしていたジョニー・キャッシュが挨拶しにくる。
二人は顔を合わせるとおもむろにギターで遊びはじめ、気がつけばセッションが始まっていた。
急遽テープが回されて録音された二人のセッションは、2日間で十数曲ほどになった。

2ヶ月後に発表されたディランのアルバム「ナッシュビル・スカイライン(Nashville Skyline)」の1曲目を飾ったのは、その時に二人で歌った「北国の少女(Girl From The North County)」である。
ディランは後に「私にとって、ある種、宗教的な人物でね 」と語っているが、ジョニー・キャッシュの登場はまさに救いだった。

「北国の少女」を聴くと、二人とも肩の力を抜き、気持ちよさそうに歌っているのが伝わってくる。
特にディランは、禁煙していたこともあってか信じられないくらいの美声だ。

ただしこの時、二人の歌詞には微妙な違いがみられる。
“She was once a true love of mine”とキャッシュが歌い、
“She once was a true love of mine”とディランは歌っている。
下打ち合わせなどは、ほとんどなかったのだろう。

ところでこの歌詞に聞き覚えのある人もいるかもしれない。
というのもサイモン&ガーファンクル(以下S&G)の「スカーボロー・フェア(Scarborough Fair)」に同様の歌詞が出てくるからだ。

イングランド民謡であるこの歌をディランとS&Gに教えたのは、イギリスのトラッド・ミュージシャン、マーティン・カシー。
この歌を元にして「北国の少女」は書かれたのだ。

さて、ナッシュビルとジョニー・キャッシュによって復活を果たしたディランだが、
その借りは半年後に始まるテレビ番組「ジョニー・キャッシュショー」で返すこととなる。


BOb Dylan『Nashville Skyline』
Sony

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the STORY]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑