「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the STORY

ウィルコ・ジョンソン27歳〜ロンドンのパブロックシーンを席巻したドクター・フィールグッド

2018.08.25

Pocket
LINEで送る

70年代初頭からイギリスのパブロック・シーンを牽引し、後のパンク・ロック・ムーブメントの火付け役となったドクター・フィールグッドから始まり、ソリッド・センダーズ、ザ・ブロックヘッズ、そしてソロ名義での活動と、長いキャリアを通してロックシーンの大きな足跡を残してきたウィルコ・ジョンソン。
“マシンガンギター”の異名を持つ彼のピックを使わない鋭いカッティングとリードを同時に弾く奏法は、世界中で数多くのフォロワーを生み、世代を超えてリスペクトされ続けている。
彼は27歳の頃にどんな日々を過ごしていたのだろう?


1947年7月12日、彼はイギリスのエセックス州キャンベイ・アイランドで産声をあげた。
ガス工事業者の父と元看護婦の母親の間に生まれた3人兄弟の長男だった彼は、幼少期にあまり親からの愛情を受けることなく育ったという。
十代の頃に楽器店でフェンダーテレキャスターを買ったことをきっかけに彼は音楽にのめり込むようになる。
学生時代にバンドを結成し地元の労働者向けのパブなどで演奏していたが、成績優秀だった彼は、ニューカッスル大学で英文学を学ぶために地元を後にし、しばらくギターから遠ざかる。
教師になる夢を抱いていた彼は、在学中(1968年・当時21歳)にティーンエイジャー時代からのガールフレンドと結婚し2人の息子をもうける。
大学卒業後、ヒッピーとしてインドとネパールを放浪し…帰国後、地元の高校で母国語教師をしていたが、1971年(当時24歳)リー・ブリローやジョン・B・スパークスに誘われドクター・フィールグッドを結成する。

──それはバンド結成から3年目の頃だった。
ウィルコ・ジョンソンは27歳だった当時のことを鮮明に憶えているという。

「ロンドンのパブロックシーンが盛り上がっているという話は俺達の耳にも入っていたよ。単にビールを提供するだけでなく、客にいいバンドの音楽を楽しんでもらうことに重きを置いたパブが増え、新たなライブスポットとして機能し始めていたんだ。すでにその名が知られていたマーキーや100クラブに加え、ディグウォールやホープ&アンカーなどが人気だったよ。」


こういったパブでライブを行なっていたミュージシャンの中には、有名どころも多く、出演者の音楽性は多様を極めていたという。
ロック、カントリー、ジャズ、伝統音楽…質の高いバンドのパフォーマンスも聴けたが、中には素人演奏も平気でまかり通っていた。

「競争相手を探そうとしたけど…わりと早い段階で、大半がさしたる刺激にもならないバンドばかりだという見解に至ったよ。そんな中でもイアン・デューリーのバンドだけはずば抜けて素晴らしかった。歌詞もステージングも衣装も、ただただ圧巻としか言いようがなかった。」


エセックス州の田舎町からロンドンへ殴り込んだドクター・フィールグッドは、たちまち観客たちを魅了していった。
彼らは最小限の楽器・機材で体当たりのエネルギーを炸裂させる“本質的なロックンロール”をリアルに体現していた。
短髪にスーツ姿で躍動感のあるステージアクションを展開する彼らに、ロンドンの若者達は熱狂した。

「俺達はロンドン中のライブ会場を満員にし、音楽誌でも絶賛されるようになった。ある日ライブ前に、ケンジントンの表通りに立っていた俺は、タクシーで会場に乗りつけるファンを目撃して驚いた。タクシーのパブへ来るほど経済的に余裕のある層が俺たちのライブを観に来ているのか!俺たちは本当に有名になったんだ!ってね。」


ある夜、彼らは最高潮に盛り上がる客を相手に、いつものようにシンプルでストレートな演奏で応えていた。
会場にはレコード会社の制作担当者やジャーナリストなど音楽業界の人間が多数詰めかけていた。
終演後、彼らのもとに夢のようなオファーが立て続けに舞い込んだという。

「会場をあとにしてメンバーと一緒に電車に乗り込んで、バーキングの高架線に差し掛かった時、俺たちの眼下にはエセックスの街の灯りが広がっていた。俺はメンバーにこう告げたんだ。これから凄いことが起こるかもしれないぜ!ってね。高架線からの景色は、俺たちを待ち受ける世界を暗示しているようだった。」


1975年1月、ウィルコ・ジョンソンが27歳の時にドクター・フィールグッドは1stアルバム『Down by the Jetty』を発表した。
レッド・ツェッペリンやキンクス、スモール・フェイセスを手掛けたことでも知られるヴィック・メイルをプロデューサーに迎えた同作は、じわじわと売れ上げを伸ばしていき、彼らのステージはパブからどんどん大きな会場になっていった。


「シティーホールや劇場でのコンサートに加え、何本かライブ出演したテレビ番組は大きな話題となったんだ。俺たちの公演はすべてソールドアウトとなり、その勢いはもう止まらないように思えた。」


彼は妻アイリーンと幼い息子マシューとの私生活をとても大切にしていた。
名声を得たことによって、街へ出れば自意識過剰にならざるを得ない環境が待っていたという。
無名の時代からある日突然立場が変わっても、彼は決してスター扱いされることに慣れることはなかった。

「あの頃は居心地が悪かったよ。おい!勘弁してくれ!俺だよ!俺!ってね(笑)」


<参考文献『不滅療法〜ウィルコ・ジョンソン自伝〜』ウィルコ・ジョンソン(著))石川千晶(翻訳)/リットーミュージック>

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the STORY]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ