「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the STORY

ニーナ・シモン27歳〜一夜にして彼女をスター歌手にした伝説のコンサート、その後一変した生活

2019.10.12

Pocket
LINEで送る

1959年9月12日、当時26歳だった彼女はニューヨークのTown Hallで初のホールコンサートを成功させる。
それまでクラブでの活動が中心だった彼女にとって、このステージは大きな転機となった。

「その日、私は舞台袖から満席になった客席を見渡したわ。観客はきちんと並んで席に付き、飲み物のグラスを手にした人など一人もいなかった。煙草売りの女の子がステージの前を横切ることもない。これまでやってきたグラブでの仕事は、すべてこの日のためのリハーサルだった。何年もかけて経験を重ね、確固とした自信が持てる演奏テクニックとステージでの振る舞い方は身につけていたわ。」



当時彼女が所属していたコルピックスレーベルは、その日のステージをライブアルバム『Nina Simone at Town Hall』として発売した。
彼女はこのコンサートによって絶賛され、一大センセーションを起こしたのだ。

「まるで映画のストーリーのように、私は一夜にしてスターになった。」


翌1960年2月、彼女は27歳を迎える。
あのTown Hallでのコンサートから約5ヶ月間、様々なマスコミが彼女を取り上げ、街を歩けば声をかけられ、アメリカ中からコンサートの依頼が殺到した。
彼女がそれまで作ってきたレコードはヨーロッパでも発売された。

「確かにあの夜の客席の反応はいつもと違っていたわ。何年もステージの仕事をしてきたけれど、あんな大喝采は初めてだった。」


伝説となったTown Hallでのコンサート以降、音楽評論家たちは彼女の音楽がどのジャンルに属するのか議論し始めた。
クラシックピアノの技術を用いてポピュラーを演奏し、そこにナイトクラブでの経験で得たジャズのテイストを織り交ぜていた彼女の音楽。
さらに黒人霊歌や、当時頭角をあらわしていたフォークミュージックも歌っていたのだから…議論は尽きなかった。
結局、彼女は“ジャズのようなものを歌う歌手”として分類されることとなった。

「私にとってジャズとは生き方だった。あるいは歩き方、話し方、考え方、行動のとり方、アメリカの黒人がする全てのことを意味するものだった。その点では私をジャズシンガーと呼んでも問題なかったけど、他のあらゆる点で私はジャズミュージシャンではなかった。」



彼女の身辺は劇的に変化していった。
頻繁にツアーに出るようになり、新しいアルバムの準備に加えて様々なプロジェクトに追いかけられるようになった。
そうこうしているうちに、彼女の手元にそれまでリリースしたアルバムの印税の小切手が届いたという。

「私は突然お金持ちになったわ。小切手を受け取って最初にしたことは、母への送金と103丁目に面した建物の12階の部屋に引っ越すことだった。部屋が7つもあって、住み込みのメイドがいて、広いバスルームとウォークインクローゼットが付いていた。それからベンツのショールームに行って、真っ赤な革張りのシートがついた銀色のメルセデスのオープンカーを買った。」


彼女の人生は一気に花開き、公演ギャラも含む収入も増え続け、有名人として誰からも敬意のこもった扱いを受けるようになった。
コンサートの楽屋には人が溢れ、綺麗な花束をもらい、ハンサムな男性たちから「愛している」と言われたという。
彼女はこの時期、元警官で後のマネージャーとなるアンドリュー・ストラウドと出会い、入籍をする。
それは彼女にとって二度目の結婚だった。
映画スターが顔を出すような華やかなパーティーにも顔を出すようになった彼女だったが、当時一つだけ心に決めていたことがあった。

「ミュージシャンとして私は二度と安酒場で演奏しないでいいようなところまで登り詰めよう!つまり、ホールで一回コンサートを開くだけで、クラブで二週間連日演奏するより多くの収入が得られる地位を築くこと。」


アメリカ南部の貧しい黒人家庭のもとに生まれた彼女にとって、この時の成功は人生最大の転機だったのかもしれない。
彼女はその後、公民権運動に積極的に参加するようになり、メッセージ色の強い作品を数多く残すこととなる…

‬‬‬‬‬‬

私には家がない 靴もない
金もなければ 品もない
友達もいないし 学校もない
仕事もないし 職もない
お金がないから 居場所もない
じゃあ、私には何があるの?
私には何があるのか教えて
私はなんで生きてるの?



<引用元・参考文献『ニーナ・シモン自伝―ひとりぼっちの闘い』ニーナ・シモン(著)ステファン・クリアリー(著)鈴木玲子(翻訳)/ 日本テレビ放送網>

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the STORY]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ