「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the SONG

安井かずみや平尾昌晃を通じて歌謡曲に影響を与えたエルヴィスと「ハートブレイク・ホテル」

エルヴィス・プレスリーが世界的に人気歌手の地位を確立したのは、1956年にアメリカだけでなくヨーロッパや日本でも大ヒットした 「ハート・ブレイク・ホテル」からの…

TAP the STORY

黒柳徹子~私達は手をとりあって、よくわからない〈テレビ〉という暗闇の中を進んでいった

黒柳徹子には小学校のときから、なりたいものがいろいろあった。バレリーナ、幼稚園の保母さん、従軍看護婦、スパイ、競馬の騎手‥‥。 だが香蘭女学校を卒業後にはオペラ…

TAP the DAY

シルヴィ・バルタン~「アイドル」という言葉を日本に定着させたのは、「ロック」の洗礼をうけたフランスの美しい妖精だった

1965年5月11日に行われたシルヴィ・バルタンの東京公演後に、朝日新聞に載った「“よう精”にも似た魅力」と題した記事は、「アイドル」と「ロック」という新しい言…

TAP the DAY

黒猫のタンゴ〜日本でも空前の大ヒットとなったイタリア生まれの猫ソング

2月22日は日本の“猫の日”。 愛猫家の学者・文化人が構成する猫の日実行委員会が、一般社団法人ペットフード協会と協力して「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫と共…

TAP the DAY

音楽の殿堂として知られるカーネギーホールでビートルズが開催したコンサート

デビューから1年たらずのうちにイギリスで最も人気があるグループになったビートルズのマネージャー、ブライアン・エプスタインはアメリカ進出にあたっていくつかの作戦を…

TAP the SONG

中村八大と宮川泰による兄と妹のような名曲「明日があるさ」と「若いってすばらしい」

明るい明日がやって来ることを疑わずにいることができた1963年の師走から翌年にかけて、おおらかな青春賛歌の「明日があるさ」がヒットした。 昭和の時代が1960年…

TAP the STORY

かつての栄光の歌手という道が始まった~坂本九の27歳

エルヴィス・プレスリーに憧れてロックンロールに目覚めた坂本九が、バンドボーイを振り出しに米軍キャンプやジャズ喫茶でのライブで経験を積み、「日劇ウェスタンカーニバ…

TAP the STORY

27歳になった大瀧詠一を待っていたのは、地獄の責苦のようなハード・スケジュールだった

1975年6月9日にスタートした大瀧詠一のDJ番組『ゴー・ゴー・ナイアガラ(GO! GO! NIAGARA)』は、1978年9月25日まではラジオ関東で、197…

TAP the SONG

ジーン・ヴィンセントに出会った日本の若者たちが受けた「オーバー・ザ・レインボウ」の静かなる衝撃

1957年に日本でも公開された映画『女はそれを我慢できない』で、当時の若者たちの心をとらえたのは動くロックンロールの強烈な衝撃だった。 なかでも評判になったのが…

TAP the DAY

ジャズブームが終息して日本でロックンロールが爆発した「日劇ウェスタンカーニバル」

1950年に勃発した朝鮮戦争で日本は朝鮮半島に出兵するアメリカ軍の補給物資を全面的にまかない、破損した戦車や戦闘機の修理から戦死した将兵の遺体処理までを請け負う…

Extra便

歴代1位となる視聴率81.4%を記録した紅白歌合戦で歌われた「見上げてごらん夜の星を」

ツイスト・ブームを頂点にカヴァー・ポップスが人気のピークを迎えた1961年から63年にかけて、東京オリンピックを間近にした日本では意外にも、社会の趨勢とは逆の復…

TAP the SONG

蘇った歌の系譜①「コーヒールンバ」が大ヒットしたことで発見された「アカシアの雨がやむとき」

西田佐知子の「アカシアの雨がやむとき」は1960年4月、ポリドール・レコードからシングルが発売された。 その片面には原田信夫が歌った「夜霧のテレビ塔」という曲が…

1 / 3123

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ