「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the CHART

アル・ジョルソンがヒットを連発した1918年、ODJBが「Tiger Rag」を録音

2018.08.30

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」127回は、1918年を取り上げます。

【1918年のTOP 10 HITS】
❶Just a Baby’s Prayer at Twilight (For Her Daddy Over There) / Henry Burr
❷Rock-A-Bye Your Baby (With a Dixie Melody) / Al Jolson
❸I’m Always Chasing Rainbows / Charles Harrison
❹Oh! How I Hate to Get Up in the Morning / Arthur Fields
❺Send Me Away with a Smile / John McCormack
❻Hail! Hail! The Gang’s All Here / Irving Kaufman
❼I’m All Bound Round with the Mason-Dixon Line / Al Jolson
❽Hello Central, Give Me No Man’s Land / Al Jolson
❾Over There / Enrico Caruso
❿Tiger Rag / Original Dixieland Jazz Band

*参考/Joel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』。ナンバー1ヒットのうち、1位の獲得週が多かったもの順に掲載(同点の場合、チャートに留まった週が多い方を優先)。

【1918年の主なヒットや音楽的出来事】
○オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドの「Tiger Rag」


○ヘンリー・バーの「Just a Baby’s Prayer at Twilight (For Her Daddy Over There)」

○アル・ジョルソンがヒットを連発。

○ノラ・ベイズの「Regretful Blues」

○アーヴィング・バーリンがアメリカ合衆国第2の国歌と言われる「God Bless America」を作曲。

【1918年のナンバー1ヒット】○内数字は獲得した週。
Send Me Away with a Smile / John McCormack ④
I Don’t Know Where I’m Going But I’m On My Way / Peerless Quartet ②
The Battle Hymn of the Republic / Charles Harrison & Columbia Stellar Quartet ①
Hail! Hail! The Gang’s All Here / Irving Kaufman ④
I’m All Bound Round with the Mason-Dixon Line / Al Jolson ③
Darktown Strutter’s Ball / Arthur Collins & Byron Harlan ①
Just a Baby’s Prayer at Twilight (For Her Daddy Over There) / Henry Burr ⑪
I’m Sorry I Made You Cry / Henry Burr ②
Hello Central, Give Me No Man’s Land / Al Jolson ③
Rock-A-Bye Your Baby (With a Dixie Melody) / Al Jolson ⑧
Smiles / Joseph C. Smith ①
Tiger Rag / Original Dixieland Jazz Band ②
Over There / Enrico Caruso ③
Oh! How I Hate to Get Up in the Morning / Arthur Fields ④
I’m Always Chasing Rainbows / Charles Harrison ⑤

1918年のナンバー1ヒットは15曲。

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ