「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

中野 充浩

「東京ポップカルチャー研究家」「都市生活コラムニスト」「事業開発プロデューサー」
文筆家/編集者/企画家/脚本家/作詞家/コピーライター/選曲家

中野充浩(なかの みつひろ)
1968年神戸市生まれ、大阪と東京で育つ。1989年、学生時代より文筆家として活動。同世代に関するノンフィクション・コラム・エッセイを、『PLAYBOY日本版』『週刊プレイボーイ』『BART』(集英社)『ポパイ』(マガジンハウス)『エスクァイア日本版』『i-Dジャパン』(UPU)『バァフアウト!』(ブラウンズブックス)などの雑誌で企画・取材・執筆。他に短編小説、映画・TVドラマ・Vシネマの脚本(東映ほか)、ラジオ番組の企画構成やナビゲーター(J-Wave)など。

2000年より10年間、出版社の編集部/広告部、メディア系ベンチャーに勤務(一部業務委託)。主な仕事にフリーマガジン/カスタム出版の開発監修(マツモトキヨシ*フリーマガジンの草分け「デジマガ」/フジテレビ*業界初番組連動「めざましマガジン」/ユニマット「ジョイーレ」/エクシング「ポケメロ」/スターアライアンス「R25」ほか)、デジタルサイネージ型店舗設置メディアの開発運営とコンテンツの企画監修(マツモトキヨシ/ローソン/ガスト)、新雑誌の開発監修(角川書店)、ティーン向けファッション誌の編集(英知出版)、モバイルコンテンツの企画編集(角川書店)、クロスメディア広告の営業企画(主婦の友社/リクルート)、ナイトスポット連動型ファッションショーの企画運営(主婦の友社)、公開オーディションイベントの企画運営と総合プロデュース(ローソン)など。

2010年よりWebメディアの運営(『TAP the POP』『Music Imidas』)、雑誌・書籍での執筆のほか、プロジェクト単位で事業開発や企画プロデュース業務を行う。
2020年より日本発の新たなポップカルチャー事業、日本の未来を担う全国の高校生世代に向けたEdTech事業などを始動。

●著書に『デスペラード』(1995年/ソニー・マガジンズ)、『バブル80'sという時代』(1997年/アスペクト)、『うたのチカラ』(2014年/集英社)、脚本に『となりのボブ・マーリィ』(1995年/東映)など。

●note(コラム・エッセイ・小説)
https://note.com/neuromancer

★お知らせ
*Webマガジン『Tokyo Wise』にて、「Tokyo Pop Culture Graffiti〜Tokyoに描かれた時代と世代の物語 1983-2015」を連載中。
http://tokyowise.jp/category/rensai/tokyopopculture

*日本テレビ『教師役の陣内孝則が推定家賃70万の一軒家でひとり暮らしをしていた時代…とマツコ』監修・出演(2019年8月/2020年5月再放送)

*日本テレビ『角川春樹が薬師丸ひろ子に機関銃を乱射させた時代…とマツコ』出演(2020年8月)

【事業開発分野】
日本発のポップカルチャーの開拓、キャリア教育/金融教育の改革、EdTech及びeラーニングの活性、それに伴う人財の発掘と育成、東京と地方間・企業間シナジーの創出、子と親から考える日本の親孝行(cotooya*商標登録)など。

【企画プロデュース分野】
Webメディア/会員制メディア、プラットフォーム/アプリ、デジタル/動画コンテンツ、企業/店舗ブランディング、ティーン/中高生マーケティング、イベント/講演、キャラクター/グッズ、商品開発/店舗設計、雑誌/フリーマガジン、書籍/コミック、映画/ドラマ、テレビ/ラジオ番組など。

【執筆分野】
1980〜2010年代の東京の都市文化・若者文化・ポップカルチャー全般及びその変遷、世代と時代と東京の関わり、バブル世代や高校生の動向をはじめ、洋楽・洋画・TVドラマ・ベンチャー企業・人財採用・都市生活・ステップファミリーにも詳しい。他に小説や脚本、漫画や絵本の原作など。

********************************************
お仕事の依頼、取材・出演の依頼はこちらまで
nakano@tapthepop.net

中野 充浩 が最近聴いてるアルバム

中野 充浩 の記事一覧

TAP the SCENE

コヨーテ・アグリー〜実在するNYのバーを舞台にしたロック度99%映画

1997年。アメリカの雑誌『GQ』に掲載された1本のコラムが、ことの始まりだった。それはNYのクラブバー「コヨーテ・アグリー・サルーン」で働いた経験があった作家…

TAP the SCENE

モ’・ベター・ブルース〜コルトレーンの「至上の愛」にヒントを得たスパイク・リー監督作

2017年に大ヒットした映画『ラ・ラ・ランド』に印象的なシーンがあった。主人公の男性ジャズ・ピアニストが恋人に「ジャズは滅びかけている音楽」と悲しい表情を浮かべ…

TAP the SCENE

ミッドナイト・エクスプレス〜異国の地で“あること”をして懲役40年を宣告された男の実話

『ミシシッピー・バーニング』や『バーディ』、音楽ファンには『ピンク・フロイド ザ・ウォール』や『ザ・コミットメンツ』といった作品で知られるイギリスの巨匠アラン・…

Extra便

8月1日にMTVが開局して僕たちは音楽を見た。親が寝静まった後に訪れる夢のような時間だった。

1981年8月1日の午前零時過ぎ。“見えるラジオ”をコンセプトにした『Music Television』(以下MTV)の放送がスタートした。音楽ビデオを24時間…

TAP the SCENE

ライトスタッフ〜英雄になった7人の宇宙飛行士と荒野の大空で宇宙を垣間見た独りの男

宇宙がまだ見ぬ未知の光景だった頃。1957年10月、ソ連は遂に人類初の人工衛星スプートニク1号の打ち上げに成功。これを機に宇宙開発の幕が切って落とされた。そして…

TAP the SCENE

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド〜タランティーノ監督が伝えたかったこと

映画作家クエンティン・タランティーノの9作目となる『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(Once Upon a Time in Hollywood/…

TAP the SCENE

54(フィフティ★フォー)〜ウォーホルやミック・ジャガーも夢中になった伝説のクラブ

人はそこに住んでいる。 そこでダンスをする。 そこで酒を飲む。 そこで友達を作る。 そこでセックスをする。 そこでビジネスをする。 そこで眠る。 アンディ・ウォ…

TAP the SCENE

ピンク・パンサー〜クルーゾー警部とアニメとテーマ曲を生んだ破壊的コメディ

1970〜80年代半ばに子供時代を送り、毎日のようにテレビと向き合っていた世代にとって、今も強く記憶に刻まれた番組がある。中でも映画のロードショー番組は名解説者…

TAP the SCENE

エイミー・ワインハウス〜普通の女の子が歌姫となって27歳でこの世を去るまで

2011年7月23日、この世を去った孤高の歌姫エイミー・ワインハウス。ドキュメンタリー映画『AMY エイミー』(2015/AMY)では、音楽と愛にひたむきに生き…

TAP the BOOK

少年少女を夢のような音楽探求の旅へと誘った伝説の『ミュージック・ガイドブック』

いわゆる「洋楽」と呼ばれる音楽の情報入手先が、まだ雑誌やラジオやTV番組、レコード店やライナーノーツくらいしかなかった1980年代前半。 (少し個人的な話になる…

TAP the SCENE

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ〜ルー・リードやマドンナを魅了したNYの音楽劇

映画俳優をやったり、ブロードウェイの舞台にも立ったけど、あんまりパッとしなくてね。脚本も幾つか書いてみたけど、どれも成功とは言えなかった……次第に自分の言葉で語…

TAP the SCENE

ラスト・ショー〜スモールタウンの風景で描かれる「語るに足る、ささやかな人生」

そこに住んでいる人以外は誰も知らないような、ごく小さな町が、アメリカには星の数ほどある。「スモールタウン」と呼ばれている。人口は、多くても1万人には満たない。せ…

1 / 8512345...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ