「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

中野 充浩

中野充浩(なかの みつひろ)
「コンテンツ/メディア開発プロデューサー」「事業開発プロデューサー」「東京ポップカルチャー研究家」「都市生活コラムニスト」
文筆家/編集者/企画家/脚本家/作詞家/コピーライター/選曲家

●著書に『デスペラード』(1995年/ソニー・マガジンズ)、『バブル80'sという時代 1983-1994TOKYO』(1997年/アスペクト)、『うたのチカラ』(2014年/集英社)、脚本に『となりのボブ・マーリィ』(1995年/東映)など。

1968年神戸市生まれ、大阪と東京で育つ。1989年、学生時代より文筆家として活動。同世代のライフスタイルに関するノンフィクション・コラム・エッセイを数多くの雑誌で企画・取材・執筆。
・『PLAYBOY日本版』『週刊プレイボーイ』『BART』(集英社)
・『POPEYE』(マガジンハウス)
・『Esquire日本版』『i-D JAPAN』(UPU)
・『バァフアウト!』(ブラウンズブックス)ほか
他に短編小説、映画・TVドラマ・Vシネマの脚本(東映ほか)、ラジオ番組の企画構成やナビゲーター(J-Wave)など。

2000年より10年間、出版社の編集部/広告部、メディア系ベンチャーに勤務。編集者、メディア開発やコンテンツ企画のプロデューサーとして活動。
主な仕事(一部業務委託)
・フリーマガジン/カスタム出版の開発監修
「デジマガ」(マツモトキヨシ) *フリーマガジンの草分け
「めざましマガジン」(フジテレビ) *業界初番組連動
「ジョイーレ」(ユニマット)
「ポケメロJOYSOUND」(エクシング)
「R25」(スターアライアンス)ほか
・デジタルサイネージ型店舗設置メディアの開発運営とコンテンツの企画監修(マツモトキヨシ/ローソン/ガスト)
・コンビニと連動した新雑誌の開発監修(角川書店)
・ティーン向けファッション誌の編集(英知出版)
・モバイルコンテンツの企画編集(角川書店)
・クロスメディア広告の営業企画(主婦の友社/リクルート)
・ナイトスポット連動型ファッションショーの企画運営(主婦の友社)
・公開オーディションイベントの企画運営と総合プロデュース(ローソン)

2010年より良質な音楽や映画を紹介するWebメディア『TAP the POP』『Music Imidas』の運営及び1000本以上のコラムを執筆。また、雑誌・書籍での執筆、プロジェクト単位で事業開発や企画プロデュース業務を行う。

2020年からは「マンガで遊ぶ」をテーマにした日本発の新たなポップカルチャー事業、日本の未来を担う全国の高校生世代に向けた「お金×EdTech」事業を始動。また、中小企業やベンチャー企業のブランディング活動も行う。「自分(たち)の畑を耕して作物を実らせる」領域と「他社の畑に出向いて作物を実らせる」領域を往復する日々。

●note(コラム・エッセイ・小説)
https://note.com/neuromancer

★お知らせ
*Webマガジン『Tokyo Wise』で「Tokyo Pop Culture Graffiti〜Tokyoに描かれた時代と世代の物語 1983-2015」を連載中。
http://tokyowise.jp/category/rensai/tokyopopculture

*『TAP the POP』で「TAP the SCENE〜評論はしない。大切な人に好きな映画について話したい」を連載中。
http://www.tapthepop.net/category/scene

*日本テレビ『教師役の陣内孝則が推定家賃70万の一軒家でひとり暮らしをしていた時代…とマツコ』監修・出演(2019年8月/2020年5月再放送)

*日本テレビ『角川春樹が薬師丸ひろ子に機関銃を乱射させた時代…とマツコ』監修協力・出演(2020年8月)

【事業開発分野】
日本発ポップカルチャー事業の開拓、キャリア教育/金融教育の改革、EdTech及びeラーニングの活性、それに伴う人財の発掘と育成、東京と地方間・企業間シナジーの創出、子と親から考える日本の親孝行(cotooya*商標登録)など。

【企画プロデュース分野】
Webメディア/ブログ、オウンドメディア/会員制メディア、デジタル/動画コンテンツ、ソーシャルメディア/ライブ配信、プラットフォーム/スマホアプリ、雑誌/フリーマガジン、出版物/印刷物、書籍/コミック、テレビ/ラジオ番組、映画/ドラマ、イベント/講演、空間/店舗活用、キャラクター/グッズ、商品開発/ゲーム開発、企業/店舗ブランディング、SNSインフルエンサー/全国高校生マーケティング、人財紹介/プロジェクトチーム編成など。

【執筆分野】
1980〜2010年代の東京の都市文化・若者文化・ポップカルチャー全般及びその変遷、世代と時代と東京の関わり、バブル世代や高校生の動向をはじめ、洋楽・洋画・TVドラマ・ベンチャー企業・人財採用・都市生活・ステップファミリーにも詳しい。他に小説や脚本、漫画や絵本の原作など。

********************************************
お仕事の依頼・相談、取材・出演に関するお問い合わせはこちらまで
nakano@tapthepop.net
********************************************

*『TAP the POP』での中野充浩による音楽・映画・書籍に関するコラムやデータ記事はこちらから。1000本以上配信中!!
↓ ↓ ↓

中野 充浩 が最近聴いてるアルバム

中野 充浩 の記事一覧

Extra便

これが本当の80年代サウンド⑦〜忘れられたヒット曲にもう一度スポットライトを

80年代の洋楽をまとめたネットコンテンツやラジオ番組や雑誌には、いつもお決まりのアーティストやヒット曲だけがラインナップされている。それは同時代のコンピレーショ…

Extra便

これが本当の80年代サウンド⑥〜忘れられたヒット曲にもう一度スポットライトを

80年代の洋楽をまとめたネットコンテンツやラジオ番組や雑誌には、いつもお決まりのアーティストやヒット曲だけがラインナップされている。それは同時代のコンピレーショ…

TAP the BOOK

“洋楽初心者”を心から祝福してくれた80年代の『ミュージック・ライフ』

「音楽に本格的に目覚め始めたのは?」と訊かれた時、多くの人は「中高時代かな」と答えるかもしれない。それまでTVのベストテン番組で「歌謡曲」や「ニューミュージック…

Extra便

あのバンドや歌手のアルバム売上枚数は?〜セールスランキングTOP 30発表

2000年代半ば以降、ダウンロード購入による単曲買いやストリーミングサービスや動画サイトが基準化し、「アルバム不況」と呼ばれる時代に突入した。そんな状況の中、2…

TAP the SCENE

ティファニーで朝食を〜名曲「ムーン・リバー」を歌ったオードリー・ヘプバーン主演作

その印象的なタイトル、そしてオードリー・ヘプバーン主演作として知られ、映画ファンをはじめ今も多くの人々から愛され続ける『ティファニーで朝食を』(Breakfas…

TAP the STORY

ピート・タウンゼンド〜真冬のコテージで綴り始めた『四重人格』

1973年初め。暗く冷たい、冬の週末の夜。 27歳のピート・タウンゼンドは自宅のコテージに一人座り、逆巻く川や隙間風の音を聞きながら記憶の旅に耽っていた。ここ数…

TAP the SCENE

デビルズ・ファイヤー〜“悪魔の音楽”と言われたBLUESの魔力とは?

2003年。アメリカでは「BLUES生誕100年」と称して、CD・書籍・番組・ラジオ・コンサートといったメディアミックスを通じて“魂の音楽”を伝えるプロジェクト…

TAP the SCENE

T2 トレインスポッティング〜“どうしようもない奴ら”が未来を選んで大人になるということ

前作は若さの祝福だった。本作は大人になるということ。またいかに僕たちはそれに対処するのが下手か、についての映画だ。そして子供がいるということ、いないこと。もしく…

TAP the SCENE

ピアノ・ブルース〜野生動物をも魅了したファッツ・ドミノのニューオーリンズR&B

2003年。アメリカでは「BLUES生誕100年」と称して、CD・書籍・番組・ラジオ・コンサートといったメディアミックスを通じて“魂の音楽”を伝えるプロジェクト…

TAP the SCENE

ロード・トゥ・メンフィス〜伝説のブルーズマンたちの帰郷

2003年。アメリカでは「BLUES生誕100年」と称して、CD・書籍・番組・ラジオ・コンサートといったメディアミックスを通じて“魂の音楽”を伝えるプロジェクト…

TAP the SCENE

ペイネ 愛の世界旅行〜このどうしようもない世界で「本当の愛」を見つけるために旅立つ恋人たちの名作

ハイコントラストの白黒映像。跳ね上がる爆撃の中、手と手を取り合って何度も駆け抜けていく1組のカップル。そして流れ出すエンニオ・モリコーネのテーマ曲──『ペイネ …

Extra便

キース・リチャーズの胸が張り裂けそうな恋から生まれた「Ruby Tuesday」

ガサ入れや逮捕劇や裁判など、1967年はローリング・ストーンズにとって非常に風当たりが強い年となった。それはすでにイギリスでは最先端のポップカルチャーやスウィン…

1 / 8512345...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ