中野 充浩

文筆家/編集者/脚本家/プロデューサー

1989年、学生時代より文筆家として活動。小説やエッセイ、同世代に関するノンフィクションやコラムを雑誌で執筆。映画やドラマの脚本、番組の企画構成なども手掛ける。2000年より10年間出版社の編集部/広告部に勤務。現在は、企画プロデュース集団/コンテンツファクトリーを立ち上げ準備中。

主な著書に『デスペラード』(1995年)、『バブル80'sという時代』(1997年)、『うたのチカラ』(2014年)など。

【お知らせ】
*Webマガジン『Tokyo Wise』にて、「Tokyo Pop Culture Graffiti〜Tokyoに描かれた時代と世代の物語 1983-2015」を連載中。
http://tokyowise.jp/category/rensai/tokyopopculture

【企画/プロデュース分野】
Web及びデジタルメディア/コンテンツ、スマホアプリ、雑誌/フリーマガジン、書籍/絵本/コミック、映像/動画、TV/ラジオ番組、ゲーム、雑貨、キャラクター、ビジュアルデザイン、イベント/ワークショップ、企業制作物/カスタム出版、広告/マーケティング、社会貢献性の高い新規事業など。

【執筆/創作分野】
東京80〜10年代周辺のポップカルチャー全般、世代と時代と東京の検証、高校生文化、自身世代動向、音楽と映画と文学、メディア、小説、エッセイ、トラベローグ、ノンフィクション、脚本、作詞など。

お仕事の依頼はTAP the POPまで
info@tapthepop.net

中野 充浩 が最近聴いてるアルバム

中野 充浩 の記事一覧

Extra便

城達也と堀内茂男という二人の男の“美学”が育んだ伝説のFM番組『ジェットストリーム』

午前零時、ラジオのスイッチを合わせる。ジェット機の離陸音と航空無線の交信が聞こえてくる。すると“ジェットストリーム……”というアナウンス。フランク・プゥルセル楽…

Extra便

キース・リチャーズと権力との闘い〜絶望の淵で天使を見た男

キース・リチャーズにとって1970年代のある時期は、音楽よりもドラッグが中心の生活だったに違いない。 ローリング・ストーンズが70年代に発表したスタジオアルバム…

映画『タクシー・ドライバー』

TAP the SCENE

タクシー・ドライバー〜大都会の孤独の中で愛を失った男がある日実行した壮絶なこと

都会で生きていると、孤独になることがある。それは避けられない試練として存在する。 例えば東京の都心。他の場所からやって来る人々でこの都市は形成されている。彼らの…

TAP the STORY

ヒプノシス〜アルバムジャケットでROCKに革命を起こしたデザイン集団

僕たちはいつも自分たちに言い聞かせてきた。自分たちの作品は音楽そのものに匹敵するようなアートだって。音楽による聴覚的な経験と同じくらい、芸術的な価値のある視覚的…

TAP the SCENE

クロスファイアー・ハリケーン/25×5〜ストーンズの長い歴史を綴った2本の映像作品

TAP the POP読者にとって、ローリング・ストーンズは説明不要・大前提のような存在であるが、若い世代や音楽体験が浅い人にとって、ストーンズは「世界的に有名…

TAP the SCENE

シド・アンド・ナンシー〜ジョー・ストラマーが主題歌を担当した破滅的カップル愛の物語

監督2作目にセックス・ピストルズを題材に映画を撮ろうと取材を進めるうちに、メンバーのひとり、ベーシストのシド・ヴィシャスとその恋人、ナンシー・スパンゲンの二人に…

TAP the SCENE

クレイジー・ハート〜観終わった後に心にゆっくりと染み込んでくる“嘘”がない感動作

映画には「心に染み込む」という表現がぴったりの作品がある。『クレイジー・ハート』(Crazy Heart/2009)は紛れもなくそんな一本だった。 老いと孤独に…

TAP the COLOR

10月のナンバーワンアルバム④〜ガンズ・アンド・ローゼズ/ボン・ジョヴィほか

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第215回〜BLUE〜 1990年代以降、ビルボードのアルバムチャー…

TAP the SCENE

真夜中のカーボーイ〜激動の60年代と70年代をつなぐ1969年が生んだ傑作

都会と呼ばれる空間は、常に弱者を見つけようとする過酷な性格を併せ持つ。夜になると歪んだ正義や悪知恵も蔓延する。金さえあれば何でも許される風潮やセレブなムードを醸…

TAP the SCENE

キャデラック・レコード〜ビヨンセも出演した伝説のレーベル“CHESS”の物語

レコード会社を描いた映画はこれまで数々作られてきたが、中でもメンフィスのサンやデトロイトのモータウン、NYのアトランティックといったインディペンデントと呼ばれる…

TAP the SCENE

バーフライ〜酒とギャンブルと愛する女と執筆に生きた伝説の作家チャールズ・ブコウスキー

何をやっても他人は勝手な理由づけをする。俺はクモが巣を張るように、魚が泳ぐように、飲んで書くんだ。 『町でいちばんの美女』『ありきたりの狂気の物語』といった短編…

Extra便

ロイ・オービソン〜“ビッグ・オー”と永遠の少年たち

「1975年に『Born To Run』を作るためにスタジオ入りした時、僕はボブ・ディランのような詩を書き、フィル・スペクターのようなサウンドを作り、デュアン・…

TAP the CHART

ビング・クロスビーが最後のNo.1ヒットを放った1948年、オリオールズの名バラード誕生

「TAP the CHART」第90回は、1948年を取り上げます。まずはシングルの年間チャートTOP 20から。 【1948年のBillboard年間チャート…

TAP the SCENE

第三の男〜今は亡き二人の偉大な映画評論家・淀川長治と荻昌弘が絶賛した伝説の映画

「完璧な作品」と表現される映画や音楽がある。TAP the POPはこれまでマーチン・スコセッシ監督の『ディパーテッド』やヴァン・モリソンの『Astral We…

TAP the SCENE

未来世紀ブラジル〜サンバの名曲「Brazil」が流れる傑作は今の世界を予言していた!

テリー・ギリアムは『未来世紀ブラジル』(Brazil/1985)の脚本や撮影に取り組む前、あるイメージが頭からずっと離れなかったという。 誰かが石炭がらで真っ黒…

TAP the COLOR

10月のナンバーワンアルバム③〜ボン・ジョヴィ/アウトキャストほか

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第214回〜PINK〜 1990年代以降、ビルボードのアルバムチャー…

TAP the COLOR

10月のナンバーワンアルバム②〜ジュディ・ガーランド/ニルヴァーナほか

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第213回〜ORANGE〜 1990年代以降、ビルボードのアルバムチ…

TAP the SCENE

キル・ビル〜オマージュが吹き荒れる復讐を誓った女の孤高の旋律

小説も音楽も映画も美術も、過去の偉大な作品の影響なくして創造されない。作り手の体験や無知なることに対する取材、あるいは空想でさえ大切なのは言うまでもないが、文化…

TAP the SCENE

モーターサイクル・ダイアリーズ~南米大陸縦断の旅で「革命家チェ・ゲバラ」は生まれた

黒のベレー帽を被ったチェ・ゲバラの顔がプリントされたTシャツや煙草やポスターを見たことがある人は多いと思う。また、ベニチオ・デル・トロ主演の映画『チェ 28歳の…

TAP the SCENE

パルプ・フィクション〜世界のポップカルチャーの記号になったタランティーノ作品

一つの映画の中に3つの物語を入れて、犯罪映画のアンソロジーを作ろうと思ったんだ。1930〜40年代に流行った大衆犯罪小説(パルプ・フィクション)からヒントを得て…

スポンサーリンク

1 / 2912345...>>
Pagetop ↑