「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the ROOTS

ジミ・ヘンドリックスに出会って楽器を置いた男

1966年7月。ニューヨークのグリニッシ・ビレッジにあったライブ・ハウス「ワー」に、チャス・チャンドラーがやってきたのには理由があった。 キース・リチャーズのガ…

TAP the ROOTS

「タクシー」~ハリー・チェイピンが描く人間模様

サンフランシスコは激しい雨だった。 その日の稼ぎを確保するためには、もうひとりかふたり、客が必要だった。 運よく、前方で手を上げている女性が見えた。 彼が信号で…

TAP the ROOTS

スザンヌ・ヴェガの「トムズ・ダイナー」の舞台となったマンハッタンの<トムズ・レストラン>

スザンヌ・ヴェガ。1959年7月11日生まれの彼女は2019年に還暦を迎えた。今回は様々なアーティストにリミックスされた彼女の代表曲のひとつ、「トムズ・ダイナー…

TAP the ROOTS

青い瞳に宿る悲しげな思いと「追悼のメロディ」

2007年11月15日。 『ダリル・ホールの家からのライブ』という名の番組がネットで公開されるようになった。 スモーキー・ロビンソン、ジョー・ウォルシュ、ロブ・…

TAP the ROOTS

キース・リチャーズが、ジミー・ペイジが敬愛したギタリスト、スコティ・ムーア

1950年代に青春を過ごした者たちは、誰もがエルヴィス・プレスリーに憧れたものだった。デビュー前のビートルズは、ジョンもポールもジョージも、リーゼントで革ジャン…

TAP the ROOTS

ホワイ・ミー~死後に発掘された2人のレジェンドによるデュエット

出来の悪い子ほど可愛い、という親がいる。 クリス・クリストファーソンは、けっして出来のいい男ではない。 「クリスが酔っ払ってない時なんて、見たことないよ」 彼の…

TAP the ROOTS

「ミー・アンド・ボビー・マギー」を書いたクリス・クリストファーソンが感じた自由

1970年10月4日。 約束の時間になっても、ジャニス・ジョップリンはスタジオに姿を現さなかった。レコーディングに遅れることなど、これまでのジャニスなら、ありえ…

TAP the ROOTS

ヒア・カム・ザ・レイン・アゲイン〜デジタルポップで奏でる心理的SMプレイ

1981年にデビューしたアニー・レノックスとデイヴ・スチュワートのデュオ、ユーリズミックスは、神秘的なグループだった。 まず、バンド名である。 オーストリアの神…

TAP the ROOTS

ジョー・ストラマーが「ロック・ザ・カスバ」に込めたメッセージ

シャリフはそいつが気に入らないのさ カスバをロックしろ カスバをロックで揺らすんだ ザ・クラッシュの「ロック・ザ・カスバ」は、アメリカ進出後、彼らにとって最大の…

TAP the ROOTS

時代の移り変わりを告げたラジオ・スターと『アメリカン・トップ40』

1980年代に青春を送った人たちにとって、音楽といえば「MTV」だった。 ワーナー・コミュニケーションとアメリカン・エクスプレスが共同出資して始まったMTVが放…

TAP the ROOTS

「マイ・シャローナ」は一目惚れした少女への熱烈なアプローチだった

ダグ・ファイガーは1952年、アメリカの中西部、ミシガンの裕福な家庭で生まれた。兄のジェフリーは弁護士で、尊厳死の啓蒙家だったジャック・フェヴォーキンを非難する…

TAP the ROOTS

「甘き夢」と牛が織りなすユーリズミックスのシュールレアリズム

最後の賭けだった。 ザ・ツーリスツを解散後、恋人でもあったアニー・レノックスと「ユーリズミックス」を結成したデイヴ・スチュワートだったが、バンドを継続するための…

1 / 2212345...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ