「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the ROOTS

ディランに解放を叫ばせたのは何だったのか?

♪我が愛する人 彼女は、沈黙の如く語る 理想論も暴力もない♪ 「ラヴ・マイナス・ゼロ/ノー・リミット」は、ボブ・ディランが1965年に発表した5枚目のアルバム『…

TAP the ROOTS

ポップスが「禅」と出会う時

スコットランド生まれのドノヴァンが「霧のマウンテン」を発表したのは1967年。ビートルズが傑作アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド…

TAP the ROOTS

ボブ・ディランが4丁目の仲間たちに送った辛辣な言葉

♪この僕を友達と呼ぶとは どんな神経をしているんだ 僕が落ち込んでた時 ただ突っ立って ニヤニヤ笑ってた君が♪ 4丁目。それはボブ・ディランがデビュー前後に住ん…

TAP the ROOTS

「ローリング・ストーン」(転がり続ける石)となる強い決心

♪ハイウェイはギャンブラーのもの 感覚を使うのさ  偶然、集めたものを 手にしていくがいい♪ 「イッツ・オール・オーヴァー・ナウ、ベイビー・ブルー」の冒頭で、デ…

TAP the ROOTS

ディランが別れを告げたベイビー・ブルーの正体

♪ここから去るがいい 必要なものを 永遠に残ると思ったものを手に♪ アルバム『ブリング・イット・オール・バック・ホーム』が発売された1965年の夏。 ニューポー…

TAP the ROOTS

「ライク・ア・ローリング・ストーン」でディランが歌った孤独

1965年7月25日。 ニューポート・フォーク・フェスティヴァルに集まった聴衆は、エレクトリック・ギターを手にし、アンプにつないだボブ・ディランに強烈な拒否感を…

TAP the ROOTS

ライク・ア・ローリング・ストーン/ボブ・ディラン

ボブ・ディランが1965年に発表した「Like A Rolling Stone」。 “転がる石のように”というタイトルは、「Lost Highway」という曲か…

TAP the ROOTS

ビージーズに普遍的な愛のバラードを書かせたプロデューサーの一言

♪ ベイビー、君は知らないのさ    それがどういうことか   ベイビー、君は知らないのさ   それがどういうことなのか   誰かを愛するということを   人を…

TAP the ROOTS

ビージーズの「マサチューセッツ」に宿る複雑な思い出

1967年2月7日。オーストラリアで結成されたコーラス・グループ、ザ・シーカーズのイギリスでの成功を追うようにして、オーストラリアで音楽活動をしていたビージーズ…

TAP the ROOTS

「汚れた街」で生きていくということ

1973年。「迷信」などを収録した『トーキング・ブック』を大成功させたスティーヴィー・ワンダーは、グラミー賞の最優秀アルバムを受賞することになる『インナーヴィジ…

TAP the ROOTS

大人になることを待ちわびたスティーヴィー・ワンダー

1972年。22歳になったスティーヴィーは希望に満ちていた。新しい音楽を、自分だけの音楽を作っていく。そんな夢の扉を、彼が自ら開こうとしたのには理由があった。 …

TAP the ROOTS

目の前で愛する人が殺された時、人は…

ブリキの兵隊とニクソンがやってくる ついに僕らだけになってしまった ドラムの響きを聞いて過ごした夏 オハイオでは4人の死者が出た 1970年5月4日。オハイオ州…

3 / 2212345...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ