「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the CHART

1910年はビリー・マレイやエイダ・ジョーンズが人気歌手だった

2018.11.05

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」136回は、1910年を取り上げます。

【1910年のTOP 10 HITS】
❶Casey Jones / American Quartet
❷By the Light of the Silvery Moon / Billy Murray & Haydn Quartet
❸Where the River Shannon Flows / Harry MacDonough
❹Play That Barber-Shop Chord / Bert Williams
❺Every Little Movement / Lucy Marsh & Harry MacDonough
❻Call Me Up Some Rainy Afternoon / Ada Jones & American Quartet
❼Meet Me To-Night in Dreamland / Henry Burr
❽Carrie (Carrie Marry Harry) / Billy Murray
❾In the Valley of Yesterday / Harry MacDonough
❿Tramp,Tramp,Tramp / Harlan & Stanley

*参考/Joel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』。ナンバー1ヒットのうち、1位の獲得週が多かったもの順に掲載(同点の場合、チャートに留まった週が多い方を優先)。

【1910年の主なヒットや音楽的出来事】
○ビリー・マレイの「By the Light of the Silvery Moon」


○黒人のヴォードヴィリアン、バート・ウィリアムズの「Play That Barber-Shop Chord」

○ルーシー・マーシュとハリー・マクドノーの「Where the River Shannon Flows」

○ソフィー・タッカーの「That Lovin’ Rag」

○ノラ・ベイズの「Has Anybody Here Seen Kelly?」

○エイダ・ジョーンズの「Call Me Up Some Rainy Afternoon」。アーヴィング・バーリンの曲。

○ジーグフェルド・フォーリーズに出演したファニー・ブライスがスターになる。

【1910年のナンバー1ヒット】○内数字は獲得した週。
Carrie (Carrie Marry Harry) / Billy Murray ②
Where the River Shannon Flows / Harry MacDonough ⑥
By the Light of the Silvery Moon / Billy Murray & Haydn Quartet ⑨
Casey Jones / American Quartet ⑪
Call Me Up Some Rainy Afternoon / Ada Jones & American Quartet ④
Every Little Movement / Lucy Marsh & Harry MacDonough ④
Tramp,Tramp,Tramp / Harlan & Stanley ①
In the Valley of Yesterday / Harry MacDonough ②
Meet Me To-Night in Dreamland / Henry Burr ④
Play That Barber-Shop Chord / Bert Williams ⑥

1910年のナンバー1ヒットは10曲。

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ