「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the CHART

1906年は黒人エンターテイナーの草分け、バート・ウィリアムズの「Nobody」がヒット

2018.12.11

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」141回は、1906年を取り上げます。

【1906年のTOP 10 HITS】
❶The Grand Old Rag / Billy Murray
❷Wait Till the Sun Shines, Nellie / Byron G. Harlan
❸Nobody / Bert Williams
❹Love Me and the World is Mine / Henry Burr
❺The Good Old U.S.A. / Byron G. Harlan
❻Everybody Works but Father / Billy Murray
❼Love Me and the World is Mine /Albert Campbell
❽So Long, Mary / Corrine Morgan
❾How’d You Like to Spoon with Me? / Corrine Morgan & Haydn Quartet
❿Let it Alone / Bert Williams

*参考/Joel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』。ナンバー1ヒットのうち、1位の獲得週が多かったもの順に掲載(同点の場合、チャートに留まった週が多い方を優先)。

【1906年の主なヒットや音楽的出来事】
○バイロン・ハーランの「Wait Till the Sun Shines, Nellie」


○ビリー・マレイの「The Grand Old Rag」

○バート・ウィリアムズの「Nobody」

○コリー・モーガンの「So Long, Mary」

○エイダ・ジョーンズの「Waiting at the Church (My Wife Won’t Let Me)」

○デヴォルフ・ホッパーの「Casey at the Bat」

【1906年のナンバー1ヒット】○内数字は獲得した週。
Everybody Works but Father / Billy Murray ③
How’d You Like to Spoon with Me? / Corrine Morgan & Haydn Quartet ②
Wait Till the Sun Shines, Nellie / Byron G. Harlan ⑨
Wait Till the Sun Shines, Nellie / Harry Tally ①
So Long, Mary / Corrine Morgan ③
The Grand Old Rag / Billy Murray ⑩
Nobody / Bert Williams ⑨
The Good Old U.S.A. / Byron G. Harlan ④
Love Me and the World is Mine /Albert Campbell ③
Love Me and the World is Mine / Henry Burr ⑦
Let it Alone / Bert Williams ②

1906年のナンバー1ヒットは11曲。

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ