「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the CHART

第一次世界大戦が勃発した1914年、ハンディが「セントルイス・ブルース」を出版

2018.09.28

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」131回は、1914年を取り上げます。

【1914年のTOP 10 HITS】
❶The Song That Stole My Heart Away / Henry Burr
❷It’s a Long, Long Way to Tipperary / American Quartet
❸I’m On My Way to Mandalay / Oakland-Campbell-Burr
❹Rebecca of Sunny-Brook Farm / American Quartet
❺By the Beautiful Sea / Heidelberg Quintet
❻Cohen on the Telephone / Joe Hayman
❼Too-Ra-Loo-Ra-Loo-Rai(That’s An Irish Melody) / Chauncey Olcott
❽Ballin’ the Jack / Prince’s Band
❾I Love the Ladies / Arthur Collins & Byron Harlan
❿The Aba Daba Honeymoon / Arthur Collins & Byron Harlan

*参考/Joel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』。ナンバー1ヒットのうち、1位の獲得週が多かったもの順に掲載(同点の場合、チャートに留まった週が多い方を優先)。

【1914年の主なヒットや音楽的出来事】
○のちに、20世紀に最も録音された曲の一つとなる「St.Louis Blues」をW・C・ハンディが出版。誰よりも早く南部のブルーズマンたちの歌を採譜したという点で「ブルーズの父」とも称される。


○そのハンディが“作曲”したとされる「The Memphis Blues」をヴィクター・ミリタリー・バンドが録音。

○20世紀初頭を代表する女性歌手、エイダ・ジョーンズ。

○1910年代に数多くのヒットを飛ばしたアメリカン・カルテット。

○1900〜10年代に膨大なヒット曲を放ったアーサー・コリンズとバイロン・ハーラン。

○ヘンリー・バーの「The Song That Stole My Heart Away」

○この年、第一次世界大戦が勃発。

【1914年のナンバー1ヒット】○内数字は獲得した週。
Too-Ra-Loo-Ra-Loo-Rai(That’s An Irish Melody) / Chauncey Olcott ④
I’m On My Way to Mandalay / Oakland-Campbell-Burr ⑥
Rebecca of Sunny-Brook Farm / American Quartet ⑥
I Love the Ladies / Arthur Collins & Byron Harlan ③
The Song That Stole My Heart Away / Henry Burr ⑦
By the Beautiful Sea / Heidelberg Quintet ⑥
Cohen on the Telephone / Joe Hayman ⑤
By the Beautiful Sea / Ada Jones & Billy Watkins ②
Ballin’ the Jack / Prince’s Band ③
The Aba Daba Honeymoon / Arthur Collins & Byron Harlan ②
It’s a Long, Long Way to Tipperary / American Quartet ⑦

1914年のナンバー1ヒットは11曲。

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ