「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the CHART

1907年は豪華なレヴュー「ジーグフェルド・フォーリーズ」が始まった

2018.12.06

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」140回は、1907年を取り上げます。

【1907年のTOP 10 HITS】
❶School Days (When We Were a Couple of Kids) / Byron G. Harlan
❷My Gal Sal / Byron G. Harlan
❸Harrigan / Billy Murray
❹Let’s Take an Old-Fashioned Walk / Ada Jones & Billy Murray
❺Pagliacci-Vesti La Giubba (On With The Play) / Enrico Caruso
❻Nobody’s Little girl / Byron G. Harlan
❼Camp Meeting Time / Arthur Collins & Byron G. Harlan
❽He’s a Cousin of Mine / Bert Williams
❾Because You’re You / Elise Stevenson & Harry MacDonough
❿I Just Can’t Make My Eyes Behave / Ada Jones

*参考/Joel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』。ナンバー1ヒットのうち、1位の獲得週が多かったもの順に掲載(同点の場合、チャートに留まった週が多い方を優先)。

【1907年の主なヒットや音楽的出来事】
○バイロン・ハーランの「School Days (When We Were a Couple of Kids) 」


○エンリコ・カルーソーの「Pagliacci-Vesti La Giubba (On With The Play)」

○エイダ・ジョーンズの最初のナンバーワン・ヒット「I Just Can’t Make My Eyes Behave」

◯ビリー・マレイの「Harrigan」

○イリース・スティーブンとハリー・マクドノーの「Because You’re You」

○7月。舞台プロデューサーのフローレンツ・ジーグフェルドがNY劇場の屋上にステージを設け、妻アンナ・ヘルドを主役に豪華なレヴューを上演。若い女性たちが登場する「ジーグフェルド・フォーリーズ」の始まりとなる。1909年以降は毎年上演され、1931年まで続いた。ファニー・ブライスなど多くのスターが誕生した。1936年の映画『巨星ジーグフェルド』に詳しい。

【1907年のナンバー1ヒット】○内数字は獲得した週。
Camp Meeting Time / Arthur Collins & Byron G. Harlan ②
He’s a Cousin of Mine / Bert Williams ②
My Gal Sal / Byron G. Harlan ⑩
I Just Can’t Make My Eyes Behave / Ada Jones ②
Because You’re You / Elise Stevenson & Harry MacDonough ②
School Days (When We Were a Couple of Kids) / Byron G. Harlan ⑪
Nobody’s Little girl / Byron G. Harlan ③
Pagliacci-Vesti La Giubba (On With The Play) / Enrico Caruso ④
Harrigan / Billy Murray ⑨
Let’s Take an Old-Fashioned Walk / Ada Jones & Billy Murray ⑥

1907年のナンバー1ヒットは10曲。

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ